ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

妊娠中期から毎日のように続いたお腹の張り。何度診察しても原因はわからないまま…

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20161025133603j:plain

2人目を妊娠した時のことです。

妊娠16週ぐらいから、毎日のようにお腹の張りと痛みに悩まされることになりました。

4歳の息子を妊娠した時に体験した切迫早産の時と似たような痛みでした。

その時は2週間の入院をすることになってしまい、同じことになるのは避けたいと思い、病院に幾度となく足を運びましたが、何も心配する要素はないからという診断の繰り返し。

1時間の立仕事・2時間ほどのデスクワークをすると、お腹の張りと痛みはそれに比例した形で長い時間張り続け、痛み続けます。 関連記事: 40代での第3子妊娠。頻繁に感じるお腹の張りにオロオロ…

唯一横になれる時だけ、張りの痛みから解放されました。

しかし、幼稚園に空きが出たので息子を保育園から幼稚園に転園させることになり、その息子の精神的なケアもありましたので、横になれる時間をうまく取ることができませんでした。

その後赤ちゃんの体重が増え羊水も増えてくると、ますますおなかの張りの痛みは強くなり、時にはしゃがみこむほどの痛みが襲ってくる日々でした。

定期検診の時に、お腹の張りの痛みがおさまらないという私の申し出をきちんと聞いてくれたので、詳しくかつ丁寧に見てもらいましたが、赤ちゃんも母体も心配する要素は見当たらないという診断で終わっていきました。

臨月に近づくにつれ、お腹の中で赤ちゃんが動くようになってくるのですが、その動きに連動してさらに張りは痛みが強くりました。

お腹の中から蹴り上げる力はとても強く、あばら骨に響く痛みと、お腹の張りの痛みと2重の痛みで苦しかったのを覚えています。

痛みがあるにも関わらず、子宮に何の問題もなく、赤ちゃんも元気でした。

なぜ、あんなに張りの痛みを感じたのかはわかりません。

気が付かないうちに家事に育児に仕事にと無理を重ねていた事も原因の1つかもしれません。

張り止めの薬を処方してもらっても、結局出産するまでこのお腹の張りの痛みは治まりませんでした。

しかし、無事出産を終えた今から思えば、この張りの痛みのおかげで無理はできなかったので、赤ちゃんを元気に成長させることができたのではないかと思っています。

誕生した娘は現在1歳5か月。

よく食べ、よく遊び、よく笑います。そんな姿を見ていると、妊娠中の約半年間、張りの痛みと戦い続けたからこそ今のこの幸せがあると思えます。

そして、息子にもお腹に宿る命の存在を真近で見せることができたのも嬉しかったです。苦しんだ分、倍以上の幸福感が今、得られています。命の誕生とは尊いです。 関連記事:1時間に6~7回もお腹の張りが。産休に入ったばかりで自宅安静を言い渡されてしまった

著者:流美香

年齢:41歳

子どもの年齢:1歳5ヶ月

やんちゃな4歳の息子とおてんばな1歳の娘がいる2児の母です。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

パーリー会場さながらの分娩室で横たわる、産後廃人の私。産前産後に理不尽だと感じた5つの事 by もものしか
40代での第3子妊娠。頻繁に感じるお腹の張りにオロオロ…
食べても空腹、寝ても眠い…。仕事しながらなんとか耐えた私の妊娠初期症状

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。