体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

もしあの時旅に出ていなかったら、今の私はいない/トラベルフォトガール・石井サユリ

もしあの時旅に出ていなかったら、今の私はいない/トラベルフォトガール・石井サユリ

もし、あの時「IBIZA 太陽とハグするイビサ島ガイド」を手にしていなければ、私は”石井サユリ“という素敵な女性のことを知るのはだいぶ後だっただろうな、と思っています。

そして、もし、1年前に勇気を出して一歩踏み出していなかったら、今の私はいなかったと。その証明に、今、私の目の前にはスマホの画面越しでしか見たことのなかった、大好きな人がいます。皆はインスタグラマーと呼ぶけれど、インスタグラマーでもあり、立派なトラベルフォトガールです。

色々な巡り合わせが運んできてくれた、一つの奇跡。そして私の夢の1つが叶っている瞬間。

彼女は一体どんな人なのだろう?

 

プロフィール

【石井サユリ】
東京・浅草育ち、観光地で外国人もたくさんいるとは思いますが、意外にも彼女が旅に出たのは21歳の時、友人に誘われ”1ヶ月のヨーロッパ周遊”に行ったことがきっかけだったのです。

これが初めてのバックパッカー旅で、しかも彼女はリュックサックにTシャツ3枚だけ突っ込んで行ったと言います。少しの勇気と大きな好奇心だけで飛び出した世界が、後に彼女の人生を変えることになるとは知らずに。ちなみに、今では27もの国に訪れています。

今の仕事は「トラベルフォトガール」
写真もテキストも全て自分でこなす立派なトラベルフォトガール、そして発信者です。彼女のInstagramは日常や世界の素敵を切り取ったオリジナルの世界観が広がっていて、誰にも真似のできない世界観だ、と私が唯一思うインスタグラマーです。

【HP】【Instagram】【Twitter】【Facebook】

 

もし、あの時旅に出ていなかったら今の私はいない

旅の「た」の字も出てこない程、旅に興味が無かったです。友人の軽い誘いが彼女を外へと出させたきっかけとなり、初めて見る日本以外の景色に様々な刺激を受け、”若い人や同世代の人がもっと旅に出て、気持ちを豊かにして欲しい”と発信したいと思うようになりました。

ー著書、「GENIC TRIP in CORDOBA女子PHOTOBOOK!スペイン・コルドバ」に、「もしあの時〜しなかったら、今この景色に出会えていなかっただろう」という文がありますが、こう考えられるようになったのも、旅に出るようになってからなのだとか。

そして、その旅に出るきっかけを与えてくれたのは、21歳の時に誘ってくれた友人であることは、きっと間違いないでしょう。

 

若いうちに旅に出た方がいい理由

1,時間を大切にする

今まで、日本で何となく過ごしてきた24時間。海外に出てからは、限られた時間の中で「どう行動して”素敵な事”を引き寄せるか」を考えるようになりました。

「Have a nice cycle」
彼女の好きな言葉。1時間、1日、1年の中で、良い巡り会いを、など流れる時間の中でたくさんの素敵に出会えますように、という意味で彼女はとても気に入っています。

2,考え方が広がる

小さな幸せに気づき、HAPPYになれる瞬間が増えました。道端に咲いている花、晴れ渡った空、たったそれだけで心が、気持ちが豊かになるのです。そして、旅をする度に自然とポジティブな気持ちや様々な視点からの捉え方が増えました。

3,たくさんの解決方法が浮かぶ

旅にかかわらず、人生には小さなことから大きなことまで、トラブルがつきもの。そんな時、旅先での経験から、様々な視点から物事を考えられるようになりました。ひとつの問題を客観視できたり、“あらゆる出来事は自分の成長のために起こっている”というような、ポジティブな解決策を見つけることができました。

4,幅が広がる

外国の人々の生き方を見て、いろんな道があると気づきました。自分が本当にしたいことの後押しを、してくれます。

 

旅の素敵さや旅先で学んだことを伝えたい、その想いが今の仕事をするきっかけになった

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。