体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

BUCK-TICK、デビュー30周年記念オールタイム・ベストアルバム詳細公開

BUCK-TICKが9月20日(水)にリリースする30周年ベストアルバム『CATALOGUE 1987-2016』の収録内容とアートワークを解禁! この作品はデビュー30周年を記念し、レーベル4社の枠を超えて編纂されるキャリア最大規模のオールタイムベスト。1987年のデビューから現在までのシングル、アルバム収録曲を対象にファンからのリクエスト投票を募り、リクエスト結果に基づいて収録曲が決定する、ファンとメンバーの想いを詰め込んだ30周年ベストアルバム。オールタイムベストとなる.Disc-1&2「CATALOGUE 1987-2016」にはファンリクエスト投票結果(6月末に締め切ったリクエスト投票の最終結果が特設サイトにて公開)のシングル収録曲TOP10、アルバム収録曲TOP10に加えて、メンバーが選曲した10曲を収録した全30曲を収録。アルバム収録曲TOP3に選ばれた人気曲「HEARTS」は1988年にミニアルバムで発表されて以来、初めての再発表となり、30周年を記念した2017年最新ミックス版が収録されることもファンにとっては嬉しいニュースといえよう。
BUCK-TICK (okmusic UP's)

全5枚組となる初回限定盤の特典ディスクとしてDisc-3&4には30年の活動から厳選したライブ音源が全30曲収録。さらにDisc-5にはBUCK-TICKがロックフェスなどのイベント出演時に披露した貴重なライブ映像全10曲が映像ディスク(Blu-ray/DVD)に収録される。名実ともに超豪華なオールタイムベストとなる全5枚組の初回限定盤は決して買い逃すことのないよう、ぜひとも予約をおすすめしたい。対象期間中に本作品をご予約頂いた方に先着で“30th Anniversary オリジナルカレンダー2017-2018”をプレゼントする早期予約キャンペーンの実施中である。

 

同時に公開されたジャケット写真はここ数年間、BUCK-TICKオリジナル作品のデザインを手がけている秋田和徳氏によるもの。デビューから30年の歩みを象徴するさまざまなBUCK-TICKアイテムが散りばめられた空間の中から、一匹の愛くるしい猫がこちらを見つめているというインパクトの強いアートワークだ。この「猫」の意味合いについてはファンのみなさんの想像に委ねたいとの主旨でオフィシャルのコメントは発表されていないが、9月20日(水)のリリース日を待ちながら、BUCK-TICKとファンとの30年の歩みに思いを巡らせてほしい。
アルバム『CATALOGUE 1987-2016』
2017年9月20日発売

【初回限定盤A】(4SHM-CD+Blu-ray)

VIZL-1238/¥12,000+税

【初回限定盤B】(4SHM-CD+DVD)

VIZL-1239/¥11,000+税

【通常盤】(2SHM-CD)

VICL-70235~70236/¥3,000+税

■初回限定盤A・B ディスク内容

Disc-1 & 2 「CATALOGUE 1987-2016」 : ファンリクエスト投票結果にメンバー選曲を加えたスタジオ音源収録 

※通常盤と同内容

Disc-3 & 4 「LIVE AUDIO SELECTION」 : ライブ音源収録 

※2SHM-CD特典ディスク

Disc-5 「LIVE VISUAL SELECTION」 : ライブ映像収録 

※Blu-ray / DVD特典ディスク

■通常盤 ディスク内容

Disc-1 & 2 「CATALOGUE 1987-2016」:ファンリクエスト投票結果にメンバー選曲を加えたスタジオ音源収録 

※初回限定盤と同内容

<収録曲>

■Disc-1「CATALOGUE 1987-2016 Vol.1」

■Disc-2「CATALOGUE 1987-2016 Vol.2」

※収録楽曲曲順は未確定となります。

<ファンリクエスト シングル TOP10>

01. ノクターン –Rain Song- [from 21st SINGLE 幻想の花]

02. MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜 [from 31st SINGLE MISS TAKE 〜僕はミス・テイク〜]

03. 極東より愛を込めて [from 19th SINGLE 極東より愛を込めて]

04. UNDER THE MOON LIGHT [from 2nd SINGLE 惡の華]

1 2 3次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会