体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【東京さんぽ】品川駅スグの施設「アクアパーク品川」でゆうたろうと水族館デート♡

様々な駅・場所からアクセスの良い品川駅。東海道新幹線が通っているだけでなく、羽田空港や成田空港まで通じる京急線も通っており、国内外の観光客の人たちにとって馴染みのある駅です。
今日はそんな品川駅でゆうたろうと水族館デート♡

 

こんな所に水族館があるの、、、?と目を疑うほど、あたりはビルや商業施設が立ち並びます。品川駅高輪口から徒歩2分、坂道を登ったところに、水族館”アクアパーク品川”の入り口が見えてきました。

170622_KS_10273

アクアパーク品川は、音・光・映像などの最先端のデジタルと水族館が融合した、新しい水族館のカタチを魅せてくれるエンターテインメント施設。入り口を入っていくと、さっそく淡い光に照らされた水槽と魚が出迎えてくれました。
 

170622_KS_10004
そのまま歩いていくと、まず見えてくるのが海の生き物が乗り物になったメリーゴーラウンド「ドルフィンパーティー」(500円)!ラッコ、アシカ、貝などに乗って海底の気分を味わうことができます。

170622_KS_10031

 

“ぼくイルカ!”

 

170622_KS_10055

 

“久しぶりにメリーゴーラウンド乗ったね”

 

ドルフィンパーティを出て、キラキラ光る壁を通って次のゾーンに進むと出てくるのが「インタライブエリア」。

170622_KS_10015

 

この水槽はなんとタッチパネルになっています!

170622_KS_10066

本物の魚も展示されているのですが、水槽を触るとデジタルの魚が一緒に泳ぎ始めたり、展示されている生き物の生息地が表示されたり。ただ観るだけでなく、タッチパネルを触って遊びながら魚について詳しくなれちやう展示でした。水槽ごとに演出が違っていて色々な仕掛けがあるので、ぜひ全部の水槽を触ってみてください♪

 

“これタッチパネルだ!”

“この水槽すごい!!”

170622_KS_10062

 

次のエリアは「カラーズ」。

1 2 3 4次のページ
HARAJUKU KAWAii!! STYLEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。