体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

塩気が絶妙!生春巻き好きをうならせる「さつま揚げの生春巻き」【火を使わないレシピ】

f:id:sakanaya-sandaime:20170725131743j:plain

はい! 私、魚屋三代目の担当、金曜日がやってまいりました!! 今週のテーマは「火を使わないWEEK」、私が紹介するレシピは「生春巻き」です。たっぷりの野菜と彩りをキレイに巻いて、お腹にもたまるツマミができますよ!

メインの具材はちょっと意外なところで「さつま揚げ」。生春巻きで巻いて食べると、これがなかなかおいしいんです。ソースは市販のチリソースとピーナッツ風味のソースの2種。パクチーが苦手な私の家族用にパクチー抜きも作りました。

おいしく見た目もGOODに仕上がる巻き方、具の置き方も説明していきますね!

魚屋三代目の「さつま揚げと彩り野菜の生春巻き」

【材料】2人前

ライスペーパー 6枚 さつま揚げ 150~180g(今回は何も入っていないプレーンタイプ) レタス(フリルレタスなどお好みで) 適量 パプリカ赤 1/2(縦半分に切り、横にスライス) 長ネギ 1/2(縦半分に切り、斜めにスライス) ピーナッツ 適量 パクチー お好みで スイートチリソース(市販品) 適量 (A) ピーナッツバター 大さじ1 醤油 大さじ1 酢 大さじ1 ラー油 少々

作り方

f:id:sakanaya-sandaime:20170725130847j:plain f:id:sakanaya-sandaime:20170725130849j:plain

1. さつま揚げを1cm幅(厚さ)くらいの巻きやすい大きさに切り分けます。ピーナッツはラップ(またはビニール袋など)に入れて麺棒やすりこぎで砕いておきます。巻く具材はひとまとめにしておきましょう。

f:id:sakanaya-sandaime:20170725130852j:plain

2.(A)の材料をよく混ぜ、ピーナッツソースを作っておきます。(ピーナッツソースに刻んだ青唐辛子を加えると更にHot!)

3. 大きめのボウルにぬるま湯(もしくは水)を入れておきます。ライスペーパーのツルツルしている方を確認したらボウルの中に沈めてさっと取り出します。まな板の上にツルツルいていた方を下に置き、キッチンペーパーなどで皮を軽く押さえて余分な水分を除きます。

※まだライスペーパーがかたすぎるようなら、水でぬらした手のひらで水分を加えます。

f:id:sakanaya-sandaime:20170725130855j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。