ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

関ジャニ∞がファン4000人前にサプライズ生歌唱、安田章大「関ジャニ∞でよかった」

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
関ジャニ∞がファン4000人前にサプライズ生歌唱、安田章大「関ジャニ∞でよかった」

7月27日、映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日全国ロードショー)日本語吹替版特別試写会が東京都内で行われ、本作のジャパンアンバサダーを務める関ジャニ∞が出席した。

スパイダーマンとアイアンマンの競演で話題となった本作は、15歳の高校生ピーター・パーカー(トム・ホランド)がスパイダーマンとなり、アイアンマンことトニー・スターク(ロバート・ダウニーJr.)に導かれて真のヒーローになるまでの成長と奮闘を描く物語。

関ジャニ∞は、日本語吹替版主題歌「Never Say Never」を生歌唱しながら登場。客席通路を歩き中通路のお立ち台でもパフォーマンスし、集まった4000人のファンをサプライズで大いに盛り上げた。

作詞作曲を手掛けたメンバーの安田章大は、「今回は15歳の悪戦苦闘、葛藤しながら生きていく姿を歌わせてもらっています。僕たち自身も関ジャニ∞として悪戦苦闘しながら生きてきて、日本語吹替版主題歌を歌わせてもらって予定外の人生スケジュールです。こんなことが起きると思っていなかった。関ジャニ∞でよかった」とコメント。さらに「見てくださる方にも、生きている中でたくさんのことがあるけど、いつも誰かに支えられて生きているんだと前向きに感じてもらえたら」とメッセージを送った。

他のメンバーは、「頑張ろうって勇気づけられる歌だと思う。同じメンバーとして誇らしいです」(錦戸亮)、「映画を見せてもらって、疾走感といい歌詞の世界観といい、安田くんが作った曲がここまでマッチしているんだと驚いた」(村上信五)、「共感もあったし、『Never Say Never』の気持ちでヒーローが頑張っていく曲。安田くんが最高の曲を作ってくれたなと思う」(横山裕)とたたえた。

ロサンゼルスで行われたワールドプレミアには、メンバーを代表して渋谷すばると大倉忠義が参加。トム・ホランドやロバート・ダウニーJr.とも対面を果たし、渋谷は「大倉がもう、ただのファンみたいになっていました。キャッキャッ言っていた」と苦笑交じりに明かした。

大倉は「ロバート・ダウニーJr.をこの距離で見たんですよ」とジェスチャーを交えて語り、劇場でキャストとともに映画を鑑賞したことから「こんな経験ないなと思って。アクションもすごい迫力で」と興奮冷めやらぬ様子。丸山隆平が「行きたかったな。なんで皆で行けへんかったんやろ…」とうらやんでいた。

映画『スパイダーマン:ホームカミング』
http://www.spiderman-movie.jp/

関連リンク

関ジャニ∞オフィシャルウェブサイトhttp://www.infinity-r.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。