体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ビールのお供と言えば”枝豆”!!実は海外セレブにも大人気な枝豆の意外な美容効果とは?

ビールのおいしい季節到来!でも今回は、ビールじゃなくておつまみの”枝豆”の話!

夏と言えば、ビールが美味しい季節。ビールに合うおつまみはたくさんありますが、中でも枝豆の組み合わせが最高においしいですよね。
実は味の相性だけでなく、枝豆にはアルコールの分解をサポートする効果があることから、栄養面での相性も抜群なんです。

ダイエット食品『マイクロダイエット』を展開するサニーヘルス株式会社は、チーズと美容に関する調査レポート『夏の間食・おつまみは枝豆がオススメ!枝豆の美容とダイエット効果』を公開。今回はその内容をご紹介します。

枝豆は多くの栄養素が含まれた美容食材だった!


枝豆は夏バテ予防にも効果があるので、熱い夏には積極的に食べたい食品でもあります。
そして、ダイエット・美容面でも効果が期待できることが分かっており、ハリウッドセレブの間でも枝豆は「Edamame」と呼ばれ、ヘルシースナックとして人気を博しています。

枝豆は大豆が熟す前の若い実で、まだ緑色の未成熟のうちに収穫される大豆のことを指します。そのため枝豆も同じ大豆とはいえ、含まれる栄養素が異なります。
豆と野菜の中間とも言える枝豆は、その両方の栄養的特徴を兼ね備えたハイブリッドな緑黄色野菜なのです。

枝豆には、大豆には含まれないビタミンCが豊富に含まれているほか、野菜としては非常に多いタンパク質、必須アミノ酸、もちろん各種ミネラルや食物繊維も含まれています。
しかも低カロリーなので、罪悪感なく食べられるのもダイエッターにとっては嬉しいポイントです。

枝豆に含まれるこうした多くの栄養素が、どのようにダイエットや美容に役立つのかをご紹介します。

枝豆の美容・ダイエット効果


糖質をエネルギー化し脂肪になるのを防ぐ

枝豆には、糖質(炭水化物)をエネルギーに代謝し、脂肪として体に蓄えられるのを防ぐために必要なビタミンB1が含まれています。
ビタミンB1は豚肉や鰻、大豆などに多く含まれ、大豆の若い実である枝豆にも含まれています。
脳や筋肉、神経に栄養を送り、全身の機能を正常に保つためにも必須の栄養素です。
アルコールの代謝にも利用されるため、ビタミンB1を多く含んでいる枝豆はお酒のおつまみとしても適しています。
不足すると疲労感、倦怠感、集中力の低下などの症状が起こります。

ビタミンB1は水溶性のビタミンで余剰分は尿として排泄されるため、枝豆を食べすぎても過剰摂取になる恐れはありません。反対に体に蓄積しておくことができないので、日常的に補う必要のある栄養素です。

腸内環境を良くする食物繊維

枝豆にはごぼうに迫る量の食物繊維が含まれており、美肌や便秘対策、デトックス、全身の健康にまでに直結する、腸内環境を整える作用に優れています。
枝豆に含まれる食物繊維は「不溶性食物繊維」が多く、水を吸収し数倍に膨れる性質があり、これが腸のぜん動運動を活発化し、便通を促進します。
不溶性食物繊維の多い食品を食べる際には、水分を多めに取り入れるようにすると良いでしょう。

やせるために必要なタンパク質

食事量を減らすことに意識が向くダイエット中は、タンパク質の摂取量が不足しがちになります。
タンパク質は筋肉や内臓、血液など体を作る元となる基本成分の一つ。
体の機能を正常に保つのに欠かせない体内酵素を構成しているのもタンパク質ですし、美肌を作るコラーゲンや多くのホルモン、神経伝達物質の材料にもなります。タンパク質が不足すると初期に起こる現象として、筋肉量の減少が挙げられます。すると代謝が落ちて、やせにくく太りやすい体になってしまうため、必要量は必ず摂取するべき栄養素です。
タンパク源というと魚、肉、卵、豆類ですが、野菜に分類される枝豆にも多く含まれています。

貧血対策

1 2次のページ
AUTHORs JAPAN BEAUTYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。