体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“MADE IN JAPAN”の新生トミーカイラ ZZは、玄人こそ楽しめるホットロッドだ(試乗レポート)

▲99台限定生産という大変貴重な「トミーカイラZZ」に試乗する機会を得た。EVとしてよみがえった新生ZZの実力を紐解いていきたい

▲99台限定生産という大変貴重な「トミーカイラZZ」に試乗する機会を得た。EVとしてよみがえった新生ZZの実力を紐解いていきたい

知る人ぞ知るあのマシンが、EVに

エンスージアストならば「トミーカイラ」の名をご存じだろう。

製造、チューニング、販売を一手に展開するブランドで、現在は、京都に本社を置くGLMが自動車製造事業として継承している。知る人ぞ知るチューニングカーブランドだ。

今回は、そのトミーカイラの中でも2シータースポーツカーの「ZZ」が2代目となったということで試乗させてもらった。

▲初代から受け継がれている、亀のエンブレム

▲初代から受け継がれている、亀のエンブレム

思えば今から18年前に、初代トミーカイラZZで何日間もドライブしたことがあった。

当時は、英国で製造されていたミッドシップレイアウト。まるでレーシングカーのようなスポーツカーであった。アメニティーもレーシングカー並み。まさに男の車だ。

エンジンは日産のプリメーラやシルビアに搭載されたSR20DEをケーヒン製のキャブレーターで架装したユニット。ノスタルジックなサウンドを奏でていた。

メインフレームはアルミニウムで造られ、ボディはグラマーで軽量なFRP。見るからに“地を這う”ような、性能に特化したデザインであった。

何といっても180馬力で、車重が700㎏強だ。十分すぎる加速となることは、容易に想像いただけるだろう。しかしそれ以上に評価できたのは、ロールセンターを低くし低重心化を図り、素晴らしいコーナリングを発揮した点であった。

今回、2代目トミーカイラZZを目の前にして、こんな18年前の記憶をよみがえられずにはいられなかった。

低く構えたフロントカウルからリアにかけて走る造形は、明らかに初代同様のミッドシップレイアウトを表す。さらに全幅が1735㎜あるにも関わらず、ドライバーとパッセンジャーエリアはタイトな空間で、重量をできるだけ中心に集めていた。初代と変わらないレーシングカー思想が満載だ。

一方で、英国で生産されていた初代とは違い、2代目からは「MADE IN JAPAN」である。初代をイメージしながらデザインされていることは分かるが、フレームの設計が違った。

乗り込むとアルミフレームの溶接の跡が足元から覗くことができる。これは少々専門的な見解になるが、酸化を抑えたツヤのある素晴らしいアルゴン溶接がされていた。熟練のハンドメイドだということがよく理解できる。サイドウインドウがないオープンボディのドアは軽量で、エクストリームストリートモデルといったいでたちであろう。雨の日は貸し出せないと言われたことも納得した。(そういえば、18年前は簡易的なソフトトップが装着してあって、雨でずぶ濡れになりながら楽しんだことを思い出した)

▲ライトウェイトフレームとFRPカウルがもたらすレーシングライクな車体構成

▲ライトウェイトフレームとFRPカウルがもたらすレーシングライクな車体構成

▲新デザインは、初代当時のトミーカイラデザインチームが担当したそうだ

▲新デザインは、初代当時のトミーカイラデザインチームが担当したそうだ

▲ウインドウはリアにもない
1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。