ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「名水百選」選定数日本一!名水×温泉で楽しむ涼やかドライブ【熊本】

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
白川水源

「水の都」として名高く、数々の湧水源に恵まれた熊本県。今回は、名水と温泉で暑い夏を涼やかに楽しむドライブスポットを厳選してご紹介します。

日本名水百選にも選ばれた白川水源、CMのロケ地として有名な鍋ヶ滝、スリル満点の川下りが楽しめる球磨川など、夏に行きたいスポットばかり。ぜひチェックしてみてくださいね。

記事配信:じゃらんニュース

白川水源

一級河川白川の総水源のひんやり湧水で水遊び!

白川水源 地底の砂とともに湧き上がる水音が、静かな空間に響き渡る

白川吉見(よしみ)神社の境内にある南阿蘇の湧水の代名詞ともいえる水源。一年を通し14℃の水が毎分60tも湧き出ている。環境庁名水百選、熊本名水百選の一つで、飲むこともでき、自由に持ち帰れる。 白川水源

問合せ/南阿蘇村企画観光課

TEL/0967-67-1112

住所/熊本県阿蘇郡南阿蘇村白川

営業時間/9時~17時

定休日/なし

料金/環境保全協力金大人100円、中学生以下無料

アクセス/九州道益城熊本空港ICより1時間

駐車場/50台

「白川水源」の詳細はこちら

阿蘇乙姫温泉 湯ら癒ら

お気に入りが見つかる!個性的なデザイナーズ家族湯。

阿蘇乙姫温泉 湯ら癒ら 檜風呂と畳敷きの洗い場、岩積みの露天が楽しめる純和風の「桜」(2450円)。ゆったりした時間を!

阿蘇乙姫ペンション村の入口にあり、趣の異なる家族湯が15室。純和風の浴槽、滑り台付き浴槽、ハート型の湯船など、あらゆる世代が満足できるお風呂が揃う。バイキングレストラン、チョコレートショップも隣接。 阿蘇乙姫温泉 湯ら癒ら(ゆらゆら)

TEL/0967-32-5526

住所/熊本県阿蘇市乙姫2052-3

営業時間/平日・土10時~24時(最終受付23時)※日祝9時30分~

定休日/なし

料金/平日1室70分1650円~(3名まで)※土日祝は60分

アクセス/九州道熊本ICより50分

駐車場/40台

「阿蘇乙姫温泉 湯ら癒ら」の詳細はこちら

鍋ヶ滝公園

壮観!天然の水のカーテン。裏から眺める緑と光に感嘆!

鍋ヶ滝公園 10数年前に某お茶のCMロケ地となり人気スポットになっている 小国町黒渕の蓬莱川にある鍋ヶ滝は落差10m、幅20m。カーテンのように幅広く水が落ちる姿が美しい。滝つぼに落ちる様子を裏からも眺められる「裏見の滝」としても有名で、水と緑と光のコントラストは見事。滝周辺のハート型石を見つけるのも楽しみ!鍋ヶ滝公園 巨大噴火でできた滝。軟らかい層が削られて空洞が生まれた 鍋ヶ滝公園 とある場所に6個のハート型石が隠れているから、探してみて!

◆知っトク!

駐車場から滝が見える場所まで杉の木の間を歩いて10分ほど。階段を下りるので滑りにくい靴が安心。 鍋ヶ滝(なべがたき)公園

問合せ/小国町情報課

TEL/0967-46-2113

住所/熊本県阿蘇郡小国町黒渕

営業時間/9時~17時(最終入園16時30分)

定休日/なし

料金/大人200円、小中学生100円

アクセス/大分道九重ICより45分

駐車場/48台

「鍋ヶ滝公園」の詳細はこちら

彩もみぢ

小国の山に囲まれた静かな温泉で優しい湯を!

彩もみぢ 目の前に山々が広がる大浴場(女湯)

黒川温泉の高台にある食事処を備えた湯処。小萩(おはぎ)山を望む大浴場は開放的でゆったり。離れの個室づくりの家族風呂は岩造りの露天と内湯、檜の露天と内湯など6タイプ。肌に優しい単純泉で寛ごう。 彩もみぢ(いろもみぢ)

TEL/0967-44-0210

住所/熊本県阿蘇郡南小国町大字満願寺6777

営業時間/湯処11時~21時(最終受付20時)

定休日/月

料金/大人500円、小学生300円、小学生未満無料/貸切1室50分(4~5名)1000円~

アクセス/大分道日田ICより1時間

駐車場/20台

「彩もみぢ」の詳細はこちら

くま川下り

船頭&ともはりの操舵で歴史と情緒を楽しむ木船旅!

くま川下り 長い木製の櫓をこぐのは“ともはり”さん。天候などの条件が揃えば“ともはり”体験も

球磨川の川下りの魅力は美しい自然を眺めつつ、大小の早瀬を水しぶきを上げながら進むスリル感! 人気は人吉から温泉町間のミドルコースで、約50分の船旅。人吉城跡を眺めてのんびり水上散歩かと思えば、急流をかわしたりと変化が面白い。

◆知っトク!

100年以上続く観光川下りでは、船頭が歴史や早瀬について案内。かの与謝野鉄幹、晶子夫妻も楽しんだとか くま川下り

問合せ/くま川下り予約センター

TEL/0966-22-5555

住所/熊本県人吉市下新町333-1

営業時間/【受付時間】8時~17時

定休日/なし

料金/ミドルコース大人2700円、4歳~小学生1782円、0歳~3歳648円 ※ほかのコースもあり

アクセス/九州道人吉ICより10分

駐車場/10台(到着地からはシャトルバスで駐車場まで移動)

「くま川下り」の詳細はこちら

永国寺

由緒正しい寺を訪ね珍しい掛軸で肝を冷やす!?

永国寺 相良九代前続公の開基により、実底超真和尚が開山した寺 1408年に創建された曹洞宗の寺。開山した実底和尚が境内の池に現れる幽霊を描いた「ゆうれい掛軸」があることで知られている。いつでも掛軸(レプリカ)を見学でき、ビデオで寺や掛軸の由来を学べる。永国寺 本物を見ながら描いたような迫力ある絵 永国寺 7月初旬まで見頃のスイレンの花

永国寺ゆうれい祭り

永国寺

日程:8月5日(土)18時~(予定)

一夜だけ、永国寺に幽霊屋敷がお目見え! ゾッとしたいという人はぜひ。出店も並び、多くの人で賑わう。また、通常はレプリカの掛軸だが、この日だけは本物が公開される 永国寺

TEL/0966-22-2458

問合せ/人吉市観光案内所

TEL0966-22-2411

住所/熊本県人吉市土手町5

営業時間/8時~17時

料金/拝観無料

アクセス/九州道人吉ICより9分

駐車場/15台

「永国寺」の詳細はこちら

円形分水

通潤橋へ続く水の道、公平に分けた分水地が起点!

円形分水 中央部から水が噴出。これで水の紛争がなくなったのだとか

通潤橋の6㎞上流にある円形分水。1956年、笹原川を流れる水を2つの地区の水田面積に応じ公平に分配するために造られたもの。今は公園として整備され、仕組みについての説明展示も見られる。 円形分水

問合せ/山都町観光協会

TEL/0967-72-3855

住所/熊本県上益城郡山都町小笹

営業時間/終日開放

アクセス/九州道御船ICより60分

駐車場/10台

「円形分水」の詳細はこちら

通潤橋

歴史に残る大規模修理風景、今だからこそ見学を!

通潤橋 全長76m、高さ20mの通潤橋。豪快な放水の再開が待ち遠しい

円形分水から流れてきた水は通潤橋エリアへ。1854年に架設された国の重要文化財である石造りのアーチ式水路橋は復旧工事中で、現在放水はされていないが、石橋は健在!橋の様子は道の駅通潤橋側や見学所から眺められる。

◆知っトク!

橋の工事が見学できる橋の左側高台にある「見学所」。間近で仕組みを観察するチャンス!(9時~17時※天候により変動)

通潤橋 通潤橋(つうじゅんきょう)

問合せ/山都町観光協会

TEL/0967-72-3855

住所/熊本県上益城郡山都町長原

アクセス/九州道御船ICより50分

駐車場/道の駅通潤橋136台

「通潤橋」の詳細はこちら

五老ヶ滝

分水から始まる水の終着点は山都町最大規模の名滝!

五老ヶ滝 晴れた日には虹がかかることも!今は滝壺までは行けない

通潤橋の下を流れる川の下流に現れる五老ヶ滝は、落差50mのダイナミックな滝。地震の影響で閉鎖されていたが、今年4月に再開。ただし、今は布田神社駐車場側からしか入れない。吊り橋からは滝の全景が望める。 五老ヶ滝(ごろうがたき)

問合せ/山都町観光協会

TEL/0967-72-3855

住所/熊本県上益城郡山都町長原

営業時間/終日開放

アクセス/九州道御船ICより50分

駐車場/6台(布田[ふた]神社横)

「五老ヶ滝」の詳細はこちら

みふね観音温泉 華ほたる

露天風呂から見下ろす町々、夜の灯りと星空は圧巻!

みふね観音温泉 華ほたる 熊本市内が眺められる広い方の露天(偶数日女性)

小高い丘の上に建つ温泉施設で、熊本市内、御船町を見渡す露天が人気。アルカリ単純泉ながら、とろりとした独特の湯ざわり。休憩所、物産館、食事処、グラウンドゴルフ場など施設充実。 みふね観音温泉 華ほたる

TEL/096-281-1126

住所/熊本県上益城郡御船町木倉1720-8

営業時間/10時~22時(最終受付21時30分)

定休日/偶数月の第3水

料金/大人500円、4歳~小学生250円(21時以降の入浴は大人350円)

アクセス/九州道御船ICより10分

駐車場/147台

「みふね観音温泉 華ほたる」の詳細はこちら

※この記事は2017年7月時点での情報です

関連記事リンク(外部サイト)

夏は水着デート♪カップルで行きたい東海のプール10選
夏バテ対策におすすめ!スタミナ満点ご当地グルメまとめ【関西など】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
じゃらんニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。