体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

うま味のオンパレード!ネギ山盛りもうれしい「吉林菜館」のXO丼が鬼ウマ【大阪】

f:id:mesitsu_lc:20170704194109j:plain

こんにちは、メシ通レポーターのケメコです。

中華料理って鉄板の食べ物だと思います。基本ハズれがない。

なぜならおいしい調味料がたくさんあり、シンプルな調理法でもぐっと食材の味が引き立つからです。

そんな数ある中華料理の調味料の中でも「高級」の名をほしいままにしているのがXO醤。

1瓶 4,000円ほどするものもあるので、庶民にはなかなか手が出づらい調味料なのです。

そんなXO醤を太っ腹にも丼ぶりにしちゃった中華料理店を、今回はご紹介したいと思います!

昔ながらの中華料理店「吉林菜館」

f:id:mesitsu_lc:20170704192353j:plain

大阪市西区の九条エリアにて、60年以上もお店を構える「吉林菜館」。ヨシバヤシではありませんよ、キツリンと読みます。

f:id:mesitsu_lc:20170704192428j:plain

たしかに60数年間、刻んできた時を感じさせてくれる店内。どっしり感がたまりませんな。いい、とてもいいです。

f:id:mesitsu_lc:20170704192450j:plain

店内に設置された本棚には、コミックスもラインアップ。

中国の偉大なる歴史や、サラリーマンたちの聞くも涙、語るも涙な人間ドラマに心を揺さぶられつつ、中華料理を待つことにしましょう。

XO丼の奥深い味わいに驚く

XO丼は最初まかないとして食べられていたのですが、従業員からも「おいしい」と好評で、満を持して1994年に初登場。

当時、高級調味料として徐々に世間に広がり始めていたXO醤が、ぜいたくにもご飯と一緒にかきこめると話題になったそうなのです。

XO丼は大・中・小と3種類をラインアップ。

それぞれ税抜きで「大 1,000円」「中 750円」「小 500円」という金額は発売当初から今に至るまで変わりなし。消費税3%から8%に改定された時にも価格を変えず、5%分はお店が負担しているのだとか。

「もうほとんど赤字みたいなもんやわー」と、オーナーが笑いながらおっしゃられていました。

いやはや、恐れ入ります。

はい、きたー!

f:id:mesitsu_lc:20170704192612j:plain

今回は小を注文。

スープとお漬物がついてきます。飲んだ後のシメとかにも良さそうな雰囲気。

f:id:mesitsu_lc:20170704192644j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。