体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ若手社員は「指示待ち」を“選ぶ”のか?――リクルートワークス研究所主幹研究員×リクナビNEXT編集長対談<前編>

なぜ若手社員は「指示待ち」を“選ぶ”のか?――リクルートワークス研究所主幹研究員×リクナビNEXT編集長対談<前編> f:id:k_kushida:20170711115157p:plain

若いビジネスパーソンがキャリアに確信を持てないとき、つい陥りがちな「指示待ち」の姿勢。その歴史は案外古く、現在企業で働いている人の多くが入社する前の1981年にはすでに「指示待ち族」という言葉が流行語になっていたほど。そしていま、20代の就業意識をウォッチすると、「やる気や能力があってもなぜか『指示待ち』を“選び”、成長のチャンスを逃す人が増えた」傾向にあるといいます。その背景には何があるのでしょうか。このほど著書『なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか?』を上梓した豊田義博・リクルートワークス研究所主幹研究員と、藤井薫・リクナビNEXT編集長に語ってもらいました。

「持てる力の10%」も仕事で出していない

―著書の中で豊田さんは、1991年から2004年ごろまでと、それ以降に新卒入社した層との間でキャリア志向が大きく異なると指摘されています。「04年後」の特徴とは、どのようなものでしょうか。

豊田 ひとことで言うと「“リスク回避志向”かつ“スペシャリスト志向”」ですね。転職をいとわず、自身の市場価値を高めながらキャリアアップを図ろうとした前世代(’91~’04年)とは異なり、専門性を何とか身に付けて安定した企業で勤め続けたいという意識が強いです。04年がターニングポイントとなったのは、このころニートやフリーターといった若者の雇用問題が大きくクローズアップされだしたことが影響しています。

今回本をまとめるにあたり、20代のビジネスパーソンにヒアリングしたのですが、引っかかったのは「主体的に仕事に取り組めていない人」が決して少なくなかったことです。就活時代の生き生きした表情が印象的だったある女性は「いまの仕事では、自分の力の10%も出していない。周りの同年代もそうだと思う」と本音を話してくれました。もともとクリエイター志望で、エンタメ系の部門を持つ大手企業に入って2、3年。聡明なので資質を見込まれたのでしょう、IR(投資家向け広報)に異動になったのですが、希望する部署ではなかった。それで「この仕事の何が大切か、どこが面白いのか分からない」と言っているんです。f:id:k_kushida:20170710122215j:plain

豊田 義博(とよだ・よしひろ)

リクルートワークス研究所主幹研究員。1983年にリクルート入社後、就職ジャーナル、リクルートブック、Works編集長などを経て、現在は20代の就業実態・キャリア観・仕事観、新卒採用・就活、大学時代の経験・学習などの調査研究に携わる。『若手社員が育たない。』『就活エリートの迷走』(以上ちくま新書)、『「上司」不要論。』(東洋経済新報社)など著書多数。

―毎日どんな気持ちで過ごしているのか、ちょっと気がかりですね。

豊田 ハンドメイドの趣味に没頭する休日は充実しているそうなんです。ただ一方で「早く何者かにならなければ」という焦りも抱えているようです。

私たちの世代の感覚だと、これはもったいない。「もう少し能動的に取り組めば、仕事で創造性を発揮できるのでは」と思わずにいられません。しかも、どうしても興味が持てなければ転属を申し出る選択もあるのに、そうするわけでもない。受動的な姿勢を“自ら選んでいる”ともいえるわけです。

1 2 3次のページ
リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。