体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

セブン新作スイーツ「メロンとミルクプリンのケーキ」食べてみた これは自分ご褒美にピッタリ

セブン-イレブンから7月26日に新作スイーツ「メロンとミルクプリンのケーキ」が発売されました。プレミアムフライデー用で普段から頑張っている自分へのご褒美として楽しめる贅沢なスイーツだそうですよ。

【さらに詳しい元の記事はこちら】

ちなみに、「カスタードホイップとリンゴのケーキ」も同時発売。両方ともお値段税込328円となかなかコンビニスイーツにしては高額ですが、その力の入れようを感じさせるスイーツなんです。発売直後からネットでざわつかれていたので、編集部でも早速ゲット。試食してみました。


「メロンとミルクプリンのケーキ」は見た目通り、メロンをイメージしたケーキです。メロン味のクリームの上に、メロンの特徴とも言える網目模様はホワイトチョコレートで描かれています。ヘタに見立てたのはチョコプレート。その中にはたっぷりのメロン風味のクリームに優しい味わいのミルクプリン、香ばしいチョコクッキーとしっとりとしたスポンジが層になっています。


じゅくっとしたしっとり感は、贅沢なつくりのスイーツならでは。甘すぎず、お口の中でふんわりととろけて美味しさが広がります。ボリュームもたっぷりなので、デザートとしてはこれ1つで充分な満足感がありますよ。

ちょっぴりお高いですが、今週も1週間頑張った自分へのささやかなご褒美としてはうってつけかもしれませんね。

(大路実歩子 / 画像・編集部撮影)

関連記事リンク(外部サイト)

見た目はキュート、お味は酸味たっぷり「レモン素麺」
ブシューと吹き出す「ジェットフロスター」は必見 卑怯なぐらいにのどごし<生>が楽しめるイベントが開催
セブンから登場の「大炎上唐辛子」がまるで罰ゲーム 舌が「辛い」を超えて「痛い」

おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。