ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

前編はこちら

「今日は○○へ行きます。旅の話をしますので、よろしければ何か食べさせてください or 一晩泊めてください」

とTwitterでつぶやいては反応を待ち、声をかけてくださった人に会う。そんなギリギリのことを繰り返しながらも、本当に11日間無一文で四国を旅することができた。四国では宇和島、松山、徳島、高松などを回った。中には高速道路を走って次の町まで送ってくださった方もいた。「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

誰に会っても「ほとんど食べてないでしょう。たくさん食べなさい」と、決まってご馳走を恵んでくださったおかげで、逆に太って帰ってくることになった。

無一文の精神は「豊さ」に繋がっている。— 中村洋太(フリーランストラベラー) (@yota1029) 2011年3月10日

「無一文」の体験が
教えてくれたこと

誰かに自慢できる話ではないし、無一文での旅を勧めるつもりもない。

でも、この体験をすることには、純粋に価値があった。

こんなにお金について考える時間を持ったのは、初めてだった。人の援助があったからとはいえ、お金がなくても旅ができてしまい「じゃあ、お金っていったい何だろう?」と、来る日も来る日も考えていた。

「無一文」という制限を設けるだけで、ありふれた日常がこんなにも新鮮味を帯びるなんて。刺激的な世界だ。— 中村洋太(フリーランストラベラー) (@yota1029) 2011年3月9日

「ポケットに財布がない」というのは、とても落ち着かないものだった。しかし、日が経つにつれて、解放感が生まれて気持ちよくなってきた。お金を忘れる、お金から自由になる、という状態だったのかもしれない。

お金を持つ普通の生活に戻っても、「無一文」の精神は大切なことだと思った。無一文の精神。それは「必要のないものは買わない」=「本当に必要なものだけを買う」ということ。「普段だったら、ここで飲み物を買ってしまうな」と思うことが何度かあったが、もちろんお金がないので買うことはできない。

しかし、時間が経ってみても、その飲み物を買う必要性を感じることはなかった。欲しい、と思ったけど、別に必要なかった。無一文になったおかげで、生きていくうえで本当に必要なものは何かと、真剣に考えるようになった。もしかしたらぼくは、本当は不要なものを、たくさん買っているのかもしれない。

無一文。それは流れていく感覚。お金がないことによって、選択肢は減る。しかし、選択肢の少ないほうが、余計なことに悩まなくなり、人生はシンプルになるのかもしれない。漫画『バガボンド』に出てきた言葉を思い出した。

「お前の生きる道は、これまでもこれから先も、天によって完璧に決まっていて、それが故に、完全に自由だ」

しかし、結果はどうだったか。自分の頭で考えて行動していたら会えなかったはずの人に会えた。お金を持っていても泊まれなかった場所に泊まれた。ガイドブックにも載っていない、地元の人おすすめの場所にたくさん行けた。

これらは、「お金があればできた」という類のものではない。つまり、お金を持っていても決してできないことを、無一文のぼくがしていたのだ。「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

自分自身が風のように漂い、余計な力を抜いて、何にも逆らわずに流されていくことで、むしろ完全な自由を手に入れることができるのかもしれない。そして旅の価値は、お金によって左右されるものではないのかもしれない。

きっと人間は、「自然の流れ」に逆らってはいけないのだろう。「自然の流れ」は、人間の判断ごときで敵う相手ではない。だからこそ力を抜いて、大きな流れに身をゆだねれば、もっと人生は楽になるのだろう。

もしもあの時
転倒していなかったら

恵比寿に着くと、改札の向こうで待っていた社長が手を振ってくれた。ぼくは無事に帰ってきて、ぼくの財布も無事に返ってきた。「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

「ようやったよ、中村くん」

ようやく旅が終わった。おいしいお寿司をご馳走になりながら、社長と語り合っていた。

「そういえば、栗城くんに封筒もらったやろ。あれ開けたか?」

「いえ、開けずに済みました」

「ほんなら、ここで開けてみよ」

「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

その封筒の表には、「本当につらかったら開けてみてちょ」と書いてあったから、ぼくはきっと、お金が入っているのだと思っていた。いざというときには、きっと栗城さんがそのお金でぼくを助けてくれたのだろう。

しかし入っていたのはお金ではなく、ひと言だけ書かれた紙切れだった。

 

 「四国11日間・無一文の旅」。最後に見た、栗城史多さんからのメッセージ

「苦しみに感謝。」

 

それで、ようやくわかった。半年前、南フランスの田舎道で転倒事故を起こした理由が。この言葉の意味を、体験を通してぼくに教えてくれたのだと思う。

もしあのとき転倒していなかったら、ぼくはニースのマクドナルドで社長の奥さんに話しかけることもなかったし、栗城さんに出逢うこともなかったし、無一文の旅をすることもなかったし、旅先で素敵な人たちに出逢うこともなかった。自分の身に起きるすべての出来事には、何かしら意味があるのだと思う。

だから、苦しみにも、感謝なのだ。

お疲れ様でした。また会いましょうRT @yota1029 @kurikiyama 栗城さん、中村です。無一文の旅が無事に終わりました。無一文でしか得られない経験ができ、たくさんのことを学びました。本当にありがとうございました。今後ともよろしくお願いします。封筒はお守りにします。— 栗城 史多 (@kurikiyama) 2011年3月20日

関連記事リンク(外部サイト)

「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方
無一文の旅が、私に教えてくれたこと。【オリジナル通貨編】
無一文の旅が、私に教えてくれたこと【ヒッチハイク編】

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。