ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

将来が不安なら、どこでも稼げる「スキル」を身につければいい――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

大学卒業後、ギャンブラーとして15年間、世界をさすらいながら生きてきた男がいる。

勝率は神の領域と言われる9割。出入り禁止となったカジノは数知れず。そんな破天荒な人生を生きる男の名はプロギャンブラー・のぶき。ギャンブルで勝ち続けるために必要な思考力、決断力、行動力はそのまま仕事や人生で成功するために必要不可欠な要素だ。事実、のぶきさんの元には様々な企業や学校、団体から就職や転職、ビジネスをテーマとした講演依頼が殺到している。今回は自らの人生を振り返りつつ、そこから得た、仕事や人生で勝ち抜くためのメソッドや人生の岐路に立った時の後悔しないための選択法などをたっぷり語っていただいた。f:id:k_kushida:20170725193702j:plain

のぶき(本名:新井 乃武喜)

1971年、東京都出身。大学卒業後、25歳の時にプロギャンブラーを目指して単身アメリカへ渡り、修行を開始。2年後、無敵のプロギャンブラーとなりラスベガスをはじめとする世界中のカジノを周遊。ギャンブルの世界では神の領域とされる「勝率9割」を達成。ギャンブルだけで生活し続け、15年間で世界6周、今まで訪れた国は82ヵ国におよぶ。現在の主な活動はプロギャンブラー人生で得た経験や生き様を伝える講演や、『日刊SPA!』や『Lifehacker』での記事執筆、メディア出演など。著書に『勝率9割の選択』(総合法令出版)、『ギャンブルだけで世界6周』(幻冬舎)がある。 Facebook ブログ

前回は、友人の反対を振り切り単身アメリカに渡っての修業時代を中心に語っていただきました。今回は、現在の活動と仕事をする上で大切にしていることについて語っていただきます。

金なんて正直どうでもいい

──下世話な話で恐縮なのですが、プロギャンブラーとして相当稼いでいたんですよね? 日本に帰ってきた時、貯金はいくらくらいあったのですか?

それほど持ってなかったですよ(笑)。今もですが。余裕があるのはあんまり好きじゃないんですよ。お金のない危機感が日々の自分を猛ダッシュさせるので。原稿でいうところの締切効果みたいなものです。お金があるほど、目標に向かって突っ走るのが難しくなるものです。だからギャンブルで儲けたお金はすべて自己投資へ遣っていました。外国語の勉強や、旅先をガイドできるレベルまで把握するためには、お金と時間がかかります。そもそも世界を巡るための交通費や宿泊費などに結構お金がかかりますし、その他は例えば芸術や食など、一流のものを体験することに遣ってましたね。一流のものを知ることも世界を知るためには必要不可欠ですから。

──では15年間でギャンブルで稼いだ総額はいくらなんですか?

それもわかりません。いくら稼いだか計算なんてしないんですよ。そこに意味はないので。トータルの数値が気になるのはお金にコントロールされすぎなんです。そもそもお金って自分が生きていく上で必要な分だけ稼げればいいわけじゃないですか。

──でも自分がどれくらい稼いでるかとか、どのくらい貯金があるかとか、把握してないと不安になりませんか?

それはですね、自分にとって本当に必要な金額がわかってないから不安になるんですよ。僕はそれがわかっていて、月々稼ぐべき額を把握しているから全然不安になりません。月の生活費に必要なお金を稼ぐためにするのが仕事です。それ以上を稼いでも、銀行口座に数字が増えるだけ。確かにそれを見たら安心はするでしょうが、金を稼ぐ目的が必要以上の安心感を得るためとなってしまいます。それに意味があるとは僕にはとても思えません。確かに僕は会社員ではないので収入は不安定です。でもありがたいことにご依頼はたくさんいただくし、その気になればどこの会社でも結果を出す自信があります。かかわったボランティアのプロジェクトは、土下座してでも、1分を作るために走ってでも、成功させていますから。そして、本当にお金がなくなったら20万円持ってラスベガスに戻ればいいだけの話ですからね。それで一生暮らせます。まずカジノへ行って1ヵ月で20万を35万にします。生活費を10万として、残りの25万を元手に次の1ヵ月でまた15万勝って40万に、みたく確実にどんどん増やせていけるので不安は全くないんですよ。将来のお金に不安を感じているのであれば、いつでもお金をつくれるスキルを身につけるべきです。お金がなくて不安だと言っている暇あったら、本気で不安解消のために動けばいいだけのことです。

──確かにこれで絶対稼げるという武器となるスキルをもっておけば安心ですよね。

その通りです。今はいつ会社をクビになるかわからない時代ですし、会社や国だって潰れる可能性がある時代です。もしそうなった時に自分は果たして生き残れるかを真剣に考えてほしいですね。自分の強みやこれから身につけるべき新しいスキルをリストアップして次に何をすればいいかを決めるんです。そうすれば何があっても、世界のどこでも生きていける自信をもてるようになります。

TEDxへの登壇が実現

f:id:k_kushida:20170725194521j:plain

──現在は日本でどんな仕事をしているのですか?

講演やトークイベントがメインの仕事ですね。昨年は念願だったTEDxへの登壇や小・中学校での授業などが実現しました。トークのテーマは就職、転職、生き方、働き方、目標達成の方法も含め、多岐に渡ります。年間1000人以上に話しています。あとはWebメディアで連載を3本持っています。僕はギャンブルも旅も15年やって両方極めた自信があるんです。人生はギャンブルや旅と同じだと考えているので、ギャンブルや旅を極めたことで幸せな人生を送るためのメソッドを提示できる。自分が伝えられる内容は必ず誰かの人生や仕事の役に立つという自信があります。

また、ビジネスもギャンブルと似てるんですよね。ギャンブルと同じで必ず勝てるビジネスも負けるビジネスもありません。だからこそみんな勝負に出るわけですよね。その勝負に勝てる確率をいかに上げるかということなど、これまでのプロギャンブラーとしての経験で得たことを伝えているんです。

でも僕、ギャンブラーですよ?それなのにビジネス系の媒体に連載するとかTEDxに登壇するとか小学校で授業するとかって普通、ありえないじゃないですか。15年間、プロギャンブラーとして世界を回って勝負した経験、その中で培ったものって、まんま人生や仕事に応用できるんです。だからこそ、トークにしても連載にしても、次々とオファーが来るのだと思います。たとえ、ギャンブルのような一般的にはマイナスなイメージの対象だろうが、没頭しまくって極めてみるんです。それが、他の人がもっていない、自分だけのコンテンツとなります。マイナスなイメージのことに半端にトライするとマイナスで終えるので、徹底的にトライすることの重要性を知りました。

──仕事をする上で大切にしていることは?

勝負の世界で生き残るためには、毎日、その日の自分を振り返って、反省点を見つけ出し、改善していくことがとても大事です。“昨日の自分に勝てる自分を作れ”って、よく伝えてます。これはビジネスでも同じだと考えています。

ギャンブルから離れている今でも、同じことをやっています。講演会やトークイベントの後、必ず振り返りを行っているんですが、某証券会社で講演をした後、反省すべき点、改善点などを書き出して、その会社に送りました。すると、「これまで何百人という人に講演してもらったけどこんなことをしてくれた人はあなたが初めてで、さらに勉強になりました」と感謝されました。でも僕自身もその振り返りは勉強になるんです。この、自分にとってもクライアントにとっても有益になるwin-winの関係を築くことが、僕の仕事のスタンスの1つです。そうすればまた次の依頼が来る確率は上げられますからね。

そもそも依頼してくれた相手が10を望んでいたとして、10しか与えられなかったら、それはプロの仕事とはいえません。『恩は倍返し』が僕のモットーです。なので僕は常にいただく報酬の2倍分である20のパフォーマンスを発揮することを目指しています。クライアントさんに全部伝わらなかったとしても、15は伝わっているかと思っています。すると、クライアントさんもトークイベントに参加してくれた方もみんなが喜んでくださる。

──依頼者が望むクオリティの倍を目指すってすごいですね。

自分がその世界で生き残っていくためには他のライバルと同じことをしててもダメなんですよね。必ずいただく報酬以上のものを返す。それがプロ意識です。そうするとクライアントは感動して、また依頼してくれる。大勢いるライバルの中から頭一つ抜けられる。好条件でかつおもしろい仕事の話しか来なくなるんです。

もう1つは、常に余裕を作っておくことも心掛けています。忙しい中でも常にベストを尽くして、締め切りよりも少しでも早めに終わらせて体を空けておくと、おもしろい話が来た時にすぐ受けられるからです。常に期限ギリギリでこなしていく人はそれができないし、仕事って1度断ったら2度と依頼が来なくなることも多いですからね。これらのスタンスのおかげで常に仕事のオファーをいただけているのだと思います。

──では今はいいけど仕事が途切れたらどうしようという不安もないんですね。

全然ないですね。さっきも言いましたが、仮にもし仕事が途切れてもまたラスベガスに戻ればいいだけの話ですから。いろんな依頼を毎週いただいていることに感謝し、日本に残ってるだけです。

それと何より、僕のトークを聞いてくれた人に喜んでもらえるのがうれしいんですよね。トークを聞いた1年後くらいに「のぶきさんの話を聞いて転職したんだけど、今最高です。ありがとうございました」というお礼のメールをくれたりするんですね。これが心の底からうれしい。生きててよかったと思えるほどに。こういうメールをいただくと、僕のコンテンツを伝えるべきだし、何より人に伝えるのが好きだから、今度はトークで勝負しようと思ったわけです。

やっぱり人から求められたり感謝されるというのはものすごいモチベーションになります。自分のことだけを考えたら正直、旅しながらギャンブルしてる方が何倍も稼げるし、楽で楽しいんですよ。でもギャンブル人生で得られる満足度が10点満点だとしたら、今のトークも9.9点くらい楽しいんです。トークを聞いてくれた人が喜んでくださるので、その足りない点数を満たしてくれます。ギャンブラーにとって、難攻不落に思われていたTEDxや小学校で話すことにチャレンジするのもすごくやりがいがあるし。

──ではギャンブラーを引退したという気持ちは全然ないんですか?

ないです。誰からもご依頼が来なくなったら、明日にはラスベガスに戻ってます。f:id:k_kushida:20170725200513j:plain

・貯金残高なんて気にするな

・どこでも稼げるスキルを身につけろ

・昨日の自分に勝てる自分を作るために振り返りをしろ

・依頼してくれた人が望んでいるものに少しでもいいからプラスして返せ

・締め切りよりも少しでもいいから早く終わらせて常に体を空けておけ

などなど、今回、のぶきさんにはこれまでのギャンブル人生から得た、一般的なビジネスパーソンでも今日からでも人生や仕事に活かせそうな助言をたくさんいただきました。次回第4回はいよいよ仕事選びで大切なことや目標達成の極意、壁の乗り越え方など、仕事や人生で勝つための具体的なメソッドをさらにたっぷり語っていただきます。乞う、ご期待!

【第4回】「想定外」という言葉に逃げるのは“プロ失格”だ――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケに続く

【連載】「勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ」(全5回)

文:山下久猛 撮影:守谷美峰

関連記事リンク(外部サイト)

デキるビジネスメールが書けそうな文豪は誰?『もしそば』著者に聞いた
「想定外」という言葉に逃げるのは“プロ失格”だ――勝率9割の“プロギャンブラー”のぶき氏がこの仕事を選んだワケ
「仕事が速い人」が実践する10のルール | 石黒謙吾

リクナビNEXTジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。