体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

世界最古のレトロ遊園地、歩くだけで楽しい「チボリ公園」6つの魅力【現地ルポ】

世界最古の遊園地ともいわれる、コペンハーゲンの「チボリ公園」。童話作家のアンデルセンも愛したというこの場所は、コペンハーゲンっ子の心のふるさとです。

園内を散策するだけでも楽しめる、レトロな魅力たっぷりのチボリ公園に出かけましょう。

ウォールト・ディズニーも参考にしたメルヘン世界「チボリ公園」

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
コペンハーゲン中央駅から徒歩3分、デンマークの首都のど真ん中にチボリ公園はあります。首都のメイン駅のすぐそばに遊園地があるなんて・・・! それも、チボリ公園が古い歴史をもつ遊園地であり、長きにわたってコペンハーゲンっ子に愛されてきたという証です。

チボリ公園が開業したのは、1843年のこと。当時のデンマーク国王クリスチャン8世の臣下、ゲオー・カーステンセンの発案により生まれました。大した娯楽のなかった時代に、「階級の区別なくみんなが楽しめる場所を」という先進的なアイデアでしたが、それだけに当初は反発も大きかったといいます。

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
今となっては、年間およそ350万人が来園し、開業以来2億7000万人が訪れている世界に名だたる遊園地。かのウォールト・ディズニーも参考にしたというメルヘン空間には、色とりどりの夢が詰まっています。

歩くだけで世界旅行気分が味わえる園内

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
遊園地というと、「ジェットコースターなどのアトラクションを利用しないと楽しめないのでは」と思われがちですが、チボリ公園に限ってはそんなことはありません。

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
そのわけは、歩くだけで世界旅行気分が楽しめること。チボリ公園では、カラフルなヨーロッパの街並みを楽しめるゾーンがあったかと思えば、中国をイメージしたゾーン、中東をイメージしたゾーンにも遭遇します。

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
モスクをイメージしたような壮大な白い建物は、チボリ公園を代表する建造物のひとつ。こんな光景を見ていると、一瞬「今どこにいるんだっけ?」と思ってしまうかもしれません。

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
園内を散策するうちにどんどん風景が切り替わっていくので、歩いていて飽きることがありません。日本庭園をイメージしたと思われるゾーンもあるので、ぜひ見つけてみてください。

ほっとする懐かしい風景

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
チボリ公園に足を踏み入れて感じるのは、「なんだか懐かしい」という感覚。

歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
歩くだけで楽しい世界最古のレトロ遊園地、コペンハーゲン「チボリ公園」の6つの魅力
メリーゴーランドや空中ブランコといった昔ながらの遊具に、射的などのゲーム、どこか手作り感が感じられる園内装飾・・・それらがあいまって、日本から遠く離れたデンマークにいるにもかかわらず、チボリ公園に来るのは初めてにもかかわらず、無性にほっとするような懐かしさを感じるのです。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会