体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

初公開モデルも! ユニークすぎる「au Design project」コンセプトモデルたち

「INFOBAR」シリーズの未発表モデルはほかにもある。Android搭載端末として製品化を検討していたという「INFOBAR family」シリーズだ。

「検討中にAppleから『iPhone 4』が発表になったんですが、金属フレームをパネルで“サンドイッチ”するという新たなデザインのアプローチにそっくりだったんです。新しいiPhoneのかたちを当ててしまった深澤(直人)さんはやっぱりすごいと(笑)。今見ると正面はiPhoneと全然似ていないし今なお魅力的なデザインです。ただ当時は、iPhoneの後追いと思われたくなかったので、デザインを見直すことになり、その結果発売されたのが『INFOBAR A01』と『INFOBAR C01』でした」

似たり寄ったりのスマートフォンでも、見たこともないデザインはつくれる


「G13」(デザイン:岩崎一郎)※初公開モデル

深澤直人氏が手がけた「INFOBAR」シリーズのみならず、未発表のコンセプトモデルはほかにもある。岩崎一郎氏による「G」シリーズの系譜を受け継ぐ「G13」(11年)は、異なったマテリアルの組み合わせが生み出すソリッドなデザインが特徴的だ。


「talby 2」(デザイン:マーク・ニューソン)※初公開モデル

また世界的デザイナーであるマーク・ニューソン氏と再びタッグを組んで進められていた「talby 2」も、現在のスマホのデザイン潮流とは一線を画す、ポップで人目を引く印象だ。この2モデルは、東日本大震災の影響などで世に出なかったコンセプトモデル。

「なんで『INFOBAR』しか出さないんですか? とずっと言われていて心苦しかったんですが、実はINFOBAR以外のモデルも考えていたことを今回ようやく公にすることができました。今やスマホは似通った形ばかりになってしまっていますが、その気になれば、まだいろいろな可能性があるのでないかと思っています。みなさんから意見をいただきながら、またワクワクしていただけるような製品をお届けできたらと思っています。」

なんと! aDpの新作スマホが、発売の可能性がある!? 確かにaDpで販売されたモデルには、コンセプトモデルを発表後から時間を経て製品化したという歴史は数多く存在する。みなさんのaDpへの熱い想いがそれを可能にするかもしれません!

現在、au Design project 15周年特設サイトでは、「au Design project」に期待することや、こんなケータイが欲しい!といったご要望を募集しています。今後の製品検討・開発に皆様のご意見を参考にさせていただきますので、是非メッセージをお寄せください。

もっと知りたい
au Design project 15周年特設WEBサイト

関連記事リンク(外部サイト)

今明かされる「au Design project」初期の名作コンセプトモデルの舞台裏
昔のケータイ充電します! 「おもいでケータイ 再起動」開催! auじゃなくてもどうぞ!!

前のページ 1 2 3
TIME & SPACEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。