ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

MACO、初フォトエッセイ・メイキング映像で書き下ろし新曲を一部公開

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
MACO、初フォトエッセイ・メイキング映像で書き下ろし新曲を一部公開

MACOが8月4日に発売する、自身初のフォトエッセイ「タイムマシンができたなら。」のメイキングビデオが公開された。

撮影は5月上旬、撮影場所はMACOの生まれ故郷である北海道・函館で行われた。「自分を振り返る場所へ」をテーマに、ロードムービー風に出発当日の朝の空港からカメラマン・細居幸次郎がシャッターを切る。MACOも「こんなの初めてなんですけど…」と思わず苦笑いしながらの撮影スタートとなった。

メインの撮影は函館市内でのロケ。八幡坂、金森赤レンガ倉庫街、七重浜…と、デビュー前までの21年間を過ごした街を歩き回りながら、MACO自身の思い出の場所を巡る中で、MACOが見せた飾らない姿。アーティストとしてステージの上や、SNSの中では決して見せない一瞬を、表情を切り取っていった。

今回公開されたメイキングビデオは、そんな本書の撮影舞台裏に完全密着。まるで、本書をMACOと一緒に読んでいるような、MACOの“ルーツ”を一緒に巡っているような錯覚すら感じる内容に仕上がっている。

さらに、ファンの間でも話題になっている本書限定特別アイテムであるCD収録楽曲の一部が、このビデオの中で初披露されており、MACO自身が「この本のために」書き下ろした完全新曲が、映像にアーティストとしてではなく、“等身大の女性”MACOの“想い”を見事なまでに吹き込んでいる。

なお本書の発売を記念して、8月6日の東京・渋谷を皮切りに福岡、大阪、函館、名古屋でサイン会も開催される。

MACO コメント
撮影の日の空港から函館の最後の撮影の瞬間までずっとビデオを撮って頂いていて。本の発売前にこんな素敵な映像を届けることができて幸せです。この日1日だけで撮影したんですが、1日で撮り終えた感覚がなく、何日もかけて函館の街で撮影したような濃厚な1日でした。
生まれ育った場所で好きな街やスポットへ行ったので、その場所にいる時間、色んな思い出が駆け巡っていたので1日がより分厚かったんでんしょうね。この映像では、力んでいない素の表情が見られると思います。本を作る前はこんなタイトルの本になると思ってなかったですし、こんな宝物みたいな一冊ができて本当に嬉しいです。
多くの人の元へ届くように祈ります。この本のために書き下ろした曲もついているので、ぜひ手にとって頂きたいです。

「タイムマシンができたなら。」オフィシャル・メイキングビデオ

イベント情報
「タイムマシンができたなら。」発売記念サイン会スケジュール
・東京:8月6日(日)12:30〜@SHIBUYA TSUTAYA
詳細:http://ameblo.jp/shibuya-tsutaya/entry-12287275943.html
・福岡:8月11日(祝)11:00〜@紀伊國屋書店天神イムズ店
詳細:https://www.kinokuniya.co.jp/c/store/Tenjin-Ims-Store/20170630100010.html
・大阪:8月11日(祝)17:30〜@旭屋書店なんばCITY店
詳細:http://www.shufu.co.jp/contents/asahiya_city_maco/
・函館:8月14日(月)15:00〜@函館蔦屋書店
詳細:http://www.hakodate-t.com/event/15727/
・名古屋:8月15日(火)15:00〜@三省堂書店名古屋本店
詳細:https://www.books-sanseido.co.jp/events

関連リンク

MACO オフィシャルサイトhttp://www.macoopc.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。