体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『アラジン』のジーニー等を生んだキャラデザの神! エリック・ゴールドバーグ

エリック・ゴールドバーグ

現在MovieNEXが発売中の映画『モアナと伝説の海』。主人公モアナと共に注目を集めている、伝説の英雄マウイはゴツい見た目とは反対に、歌って踊れる5,000才という陽気なキャラクター。映画を観た人からは「『アラジン』のランプの精ジーニーとそっくり」という声が多く聞かれ、それもそのはず、マウイをデザインしたのはジーニーを生み出したアニメーター、エリック・ゴールドバーグ氏であるということは以前記事でお伝えしました。

【関連記事】マウイとジーニーは同じクリエイターが生んだキャラクターだった!
http://getnews.jp/archives/1675970 [リンク]

エリック・ゴールドバーグ

ガジェット通信が訪れた、ディズニー・アニメーション・スタジオの取材では、そんなディズニーの伝説、神アニメーターのエリック・ゴールドバーグさんのお話を直接聞いちゃいました! マウイの体に彫られたタトゥーの一部で、マウイの分身でもある“ミニ・マウイ”の描き方レッスンもあるのでそちらにもご注目。

エリック・ゴールドバーグ

エリック・ゴールドバーグ:ミニ・マウイはもう一人のマウイで、親友であり最大のサポーターでマウイのチアリーダーなんですが、その中でも一番重要な役割は、マウイの良心であり良識なのです。ですからマウイが何か良くない事を企んだりしたりした時には、彼の良心であるミニ・マウイが「そんなことをしてはダメだ」と言い聞かせる役割をもっているのです。ピノキオに善悪を言い聞かせる、喋るコオロギのジミニー・クリケットと同じ役割をもってます。

――ディズニーは最近CG アニメーションが多いですが、今回はそのCGの中に手描きのアニメーションを入れる手法をとってます。エリックさんが最後に手描きでアニメートしたのはどの作品でしょうか?

エリック・ゴールドバーグ:ディズニーでの仕事は1990年からで、アニメーションの世界に入ったのが40年前です。ミニ・マウイの前に手描きでアニメートしたのは『くまのプーさん』のラビット。その前は『プリンセスと魔法のキス』のルイスです。CGアニメーションの中でもコンピューターで作り始める前に多くのテスト用に手描きキャラクターを使います。今日も一つあげました。ベイビー・モアナ、つまり海です。手描きのキャラクターがCGになった時にどんなものになるのか見ることができるからです。コンピューターで立ち上げる前にいろいろな面からキャラクターを検討できますからね。

――スタジオに常在している手描きのアーティストは大勢いるんですか?

エリック・ゴールドバーグ:いいえ。プロダクションに関わる手描きアーティストは私を含めて3人です。マーク・ハン、ランディ・へーコックそれに私です。クリーンアップ・アーティストグループのヘッドはレイチェル・ビブです。ですから基本的には4人ですが、今回はクリーンアップ・アーティストを二人追加したました。

エリック・ゴールドバーグ エリック・ゴールドバーグ

――実際作業される時にもトレース台をお使いになっていますか?

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。