ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

グレッグ・オールマンの遺作「サザン・ブラッド」残りの人生が長くないことを悟ったグレッグが残した楽曲も収録

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
グレッグ・オールマンの遺作「サザン・ブラッド」残りの人生が長くないことを悟ったグレッグが残した楽曲も収録

2017年5月27日に69歳でこの世を去った米ロック界のレジェンド、グレッグ・オールマンの遺作となる最新アルバム「サザン・ブラッド」(9月8日世界同時発売)の作品情報とジャケット写真が本国時間7月26日に解禁された。

2011年のグラミー賞にノミネートされた「ロウ・カントリー・ブルース」以来のスタジオ・アルバムとなる同作は、オールマン・ブラザーズ・バンド結成前に兄デュアン・オールマンと共にセッション・ミュージシャンとして数々のセッションを重ねたアラバマ州マッスル・ショールズのフェイム・スタジオにて録音された。このデュアンの魂が生き続けているスタジオでの2週間のレコーディングについて、グレッグのマネージャーであったマイケル・リーマンは、「(レコーディング中)グレッグの体調は優れなかったけれど、彼は普段通りプロフェッショナルに振舞いながら毎日4,5時間スタジオに籠っていたんだ」と語った。

今作「サザン・ブラッド」は、ボブ・ディラン「ゴーイング・ゴーング・ゴーン」、ウィリー・ディクソン「アイ・ラヴ・ザ・ライフ・アイ・ラヴ」など、グレッグの愛した楽曲のカヴァー9曲と、今作のために書き下ろされたグレッグのオリジナル曲「マイ・オンリー・トゥルー・フレンド」の計10曲が収録されており、この選曲はパーソナルな面とプロフェッショナルな面でグレッグの意向を反映し、後にファンが気に入ってくれるような曲をグレッグ、ドン・ウォズ、マイケル・リーマンの3人で提案しあって決めたという。

ザ・ローリング・ストーンズやボブ・ディランの作品を数多く手掛け、今作でもプロデューサーを務めるドン・ウォズが、「グレッグが自分の人生を説明しようと試みた曲なんだ」と語るように、オリジナル曲「マイ・オンリー・トゥルー・フレンド」には、残りの人生が長くないことを悟り、旅立ちを前にしたグレッグからのメッセージが込められている。まさにグレッグ・オールマンというロック・レジェンドの人生を歌った涙なしでは聴くことの出来ない一曲と言える。

YouTubeには生前公開されたアルバムのティザー映像も公開されており、生前のグレッグの姿を見ることもできる。

ようやく全貌が明らかとなったグレッグ・オールマンの最後のスタジオ・アルバム「サザン・ブラッド」。サザン・ロックの集大成とも呼べるであろうこの作品に期待したい。

「サザン・ブラッド」ティザー映像

グレッグ・オールマン「サザン・ブラッド」収録内容
1. マイ・オンリー・トゥルー・フレンド / My Only True Friend(Gregg Allman-Scott Sharrard)
2. ワンス・アイ・ワズ / Once I Was(Tim Buckley-Larry Beckett)
3. ゴーイング・ゴーング・ゴーン / Going Going Gone(Bob Dylan)
4. ブラック・マディ・リヴァー / Black Muddy River(Jerome J. Garcia-Robert C. Hunter)
5. アイ・ラヴ・ザ・ライフ・アイ・ラヴ / I Love the Life I Live(Willie Dixon)
6. ウィリン / Willin’(Lowell George)
7. ブラインド・バッツ・アンド・スワンプ・ラッツ / Blind Bats and Swamp Rats(Jack Avery)
8. アウト・オブ・レフト・フィールド / Out of Left Field(Dewey Lindon Oldham Jr.-Dan Penn)
9. ラヴ・ライク・ケロシン / Love Like Kerosene(Scot Sharrard)
10. ソング・フォー・アダム feat. ジャクソン・ブラウン / Song for Adam featuring Jackson Browne(Jackson Browne)
*()内は作曲者

リリース情報

アルバム「サザン・ブラッド」
2017年9月8日世界同時発売
UCCO-1190 2,808円(税込)

関連リンク

グレッグ・オールマン アーティストページhttp://www.universal-music.co.jp/gregg-allman/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。