ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【再現レシピ】「リンガーハット」風の長崎ちゃんぽんに挑戦してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は「リンガーハット」風の長崎ちゃんぽんに挑戦してみたよ人気のチェーン店「リンガーハット」の看板メニューといえば「長崎ちゃんぽん」。野菜たっぷりでとってもおいしいですよね。今回は、その長崎ちゃんぽんを独自に分析。再現レシピとしてチャレンジしました!最後まで飲み干したい白濁したコク深いスープの秘密は“ 牛乳” にアリ!

▲最後まで飲み干したい白濁したコク深いスープの秘密は「牛乳」 にアリ!

▶材料(1人分)
・ちゃんぽん麺または中華麺(太麺)=1玉
・もやし=50g
・人参=1/4本
・玉ねぎ=1/4個
・キャベツ=1枚
・長ねぎ=5cm分
・コーン(缶)=大さじ1
・かまぼこ=3cm分
・さつまあげ=1/3枚
・むきえび =3尾
・きくらげ=少々
・豚バラ肉(薄切り)=1枚
・ラー油=少々

【スープ】
・水=500ml
・醤油=大さじ1
・砂糖=小さじ1/2
・中華だし(練りタイプ)= 小さじ1
・牛乳=50ml
・塩=小さじ1/3
・白こしょう=少々

▶作り方
1.具材は全て食べやすい大きさに切る。材料は適宜省いて良いが、特有の旨味や濃くを忠実に再現するなら、さつまあげと豚バラは必ず入れよう。鍋に湯を沸かし、麺を表示時間通りに茹でる。人参や玉ねぎは薄切りに。ほかの具材も大きさを切りそろえ、火の通りが均一になるように

▲人参や玉ねぎは薄切りに。ほかの具材も大きさを切りそろえ、火の通りが均一になるように

2.深めのフライパンに【スープ】の材料を入れて火にかけ、沸々してきたら1の具材を加えて3〜4分煮込む。全ての調味料を合わせ入れ、よく溶かす。野菜がたっぷり入るので深めのフライパンが◎ ▲全ての調味料を合わせ入れ、よく溶かす。野菜がたっぷり入る深めのフライパンが◎スープが沸々してきたら具材を全て投入。野菜の歯ご たえが残る程度に3〜4分煮込む

▲スープが沸々してきたら具材を全て投入。野菜の歯ごたえが残る程度に3〜4分煮込む

3. 麺が茹で上がったら、よく水気を切って丼に移し、2の具とスープをかける。仕上げにラー油を垂らす。

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に首都圏版行って確認を!
※「CHINTAI2017年8月号」の記事を編集したものです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。