ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【再現レシピ】「餃子の王将」風の天津飯に挑戦してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は「餃子の王将」風の天津飯に挑戦してみたよ人気の「餃子の王将」で絶品なのは餃子だけではない! ふんわり卵がとってもおいしい天津飯も最高です。今回はその天津飯を独自に分析。再現レシピとしてチャレンジしました。5分で再現!ふんわり卵に甘酢あんが絡むカンタンおいしい一品

▲5分で再現!ふんわり卵に甘酢あんが絡むカンタンおいしい一品

▶材料(1人分)
・卵=1個
・カニカマ=1本
・長ねぎ=少々
・サラダ油=大さじ1
・ご飯=茶碗1杯
・水溶き片栗粉=大さじ1

【甘酢あん】
・トマトケチャップ=大さじ2
・砂糖=小さじ1と1/2
・酢、酒、鶏ガラスープ(顆粒)=各小さじ1
・水=150ml

▶作り方
1.ボウルに卵、刻んだカニかまと長ねぎを入れ、よく混ぜ合わせる。また、甘酢あんの材料を合わせておく。「餃子の王将」風にする決め手は甘酢あんの味。甘酢あんにトマトケチャップを入れるのがポイントとなる。酒を加えればトマトの青臭さを抑えることができ、本格中華感が高まる。

 ▲長ねぎは小口切り、カニかまは適当な長さに切って手でほぐしながら溶き卵に加える

▲長ねぎは小口切り、カニかまは適当な長さに切って手でほぐしながら溶き卵に加える

2.フライパンでサラダ油を熱し、1の卵液がふんわり固まるまで加熱する。混ぜながら加熱すると、菜箸でぐるぐるかき卵に油がなじんで旨味アップ。ふんわりと仕上がる

▲菜箸で混ぜながら加熱すると、かき卵に油がなじんで旨味アップ。ふんわりと仕上がる

3.丸い茶碗にご飯を入れ、皿の上で逆さまにして盛る。その上に2を乗せる。

4.甘酢あんの材料を合わせたものをフライパンに入れ火にかける。沸々としてきたら一旦火を止め、片栗粉1:水2の割合で溶いた水溶き片栗粉を加えてよく混ぜる。 水溶き片栗粉は片栗粉1:水2の割合で。火を止めてから加えるとダマにならず、なめらかなあんに!

 ▲水溶き片栗粉は片栗粉1:水2の割合で。 火を止めてから加えるとダマにならず、なめらかなあんの出来上がり!

5.再度火にかけてとろみがついたら3にかける。

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!
※「CHINTAI2017年3月16日号」の記事を編集したものです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。