ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

出産ラッシュで病院の部屋は満室状態!満月の日に生まれてきた私の赤ちゃん

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20161025173333j:plain

皆さまは、「満月の日にお産が多い」という噂をご存じでしょうか。

なんとも神秘的な話ですが、因果関係は証明されていなく、私はあまり信用していませんでした。 関連記事:予定日1ヶ月前だけど満月・大潮に影響された!? 駆け込んだ病院は出産ラッシュの大混乱!

私は、出産予定日よりも三週間早い、夜中の3:00に破水して病院に向かい、そのまま出産まで入院することになりました。

翌日、7:00に医師の診察があり、10:00から促進剤の投与が開始になりました。

促進剤が投与されてしばらくすると、痛みが徐々におしよせ、15:00の段階では悲鳴をあげており、陣痛も5分間隔にまでなっていったのですが、そこから一向に進まず、いつまでたっても赤ちゃんが生まれてくる気配がありません。そのうちに、陣痛の感覚が8分、10分と感覚が長くなってきてしまい、再度、診察してもらったところ、子宮口が全く開いていないということで、今日は生まれないだろうという診断でした。

そのまま緩く続く痛みに耐えながら、次の日の7:00に再度、医者の診察を受けたところ、「促進剤は打ちますが、子宮口が全く開いていないので、今日も生まれる可能性は低いです」と言われ、立ち合い出産をする予定だった旦那は一度帰るように促されました。

私も旦那もその日の出産は無理だと諦めていたのですが、促進剤を投与し始めたと同時に急激な痛みが襲い、陣痛はすぐに5分間隔をきってしまいました。

慌ててナースコールを押したのですが、前に出産している人がいたため、なかなか分娩室に移動させてもらえず、移動し始めた時には陣痛が2分間隔になっていました。

そのまま無事、出産を終え、病室に移動するのを待っていると同じ部屋から赤ちゃんの泣き声が聞こえて、自分の子供かと思ったら看護婦さんに「あなたの次に生まれた赤ちゃんです」と言われ驚きました。

その日のうちに、病院の部屋は満室になり、それだけでは足りず、食堂にもベッドを運び込み、急遽病室に変えていたので、看護婦さんに理由を聞いたところ、「この一年で一番たくさんの赤ちゃんが生まれた一日だった」と聞き、満月がいつだったのか調べたところ、まさに、その日でした。

後日、同じ日に出産した5、6人のお母さんたちとお話しをしたところ、皆さんが「満月だから今日かもしれない」と感じていたそうです。

私の赤ちゃんは出産予定日よりだいぶ早く、また破水から生まれてくるまでに時間がかなりかかり、お医者さんの診断とはずいぶん違っていたのは、赤ちゃんが満月を待っていたのかなと思っています。

お腹の中から、何かを感じていたのかもしれませんね。 関連記事:「先生!もう頭出てます」「こっちも出ます」妊婦3人がほぼ同時出産!満月の日曜日はあなどれない…

f:id:akasuguope04:20161018172043j:plain

著者:智香

年齢:31歳

子どもの年齢:0歳

7月に初めて出産をした新米ママです。

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

超過5日目 不安と期待の促進剤でのお産
長ーい陣痛の上産まれた天使!
案ずるより産むが易し!

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。