ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【再現レシピ】「吉野家」風の牛丼に挑戦してみた

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
あの有名店の味を自宅で再現してみよう!ということで、今回は「吉野家」風の牛丼に挑戦してみたよ人気のチェーン店「吉野家」の看板メニューといえば「牛丼」。牛肉とたまねぎの量が絶妙でとってもおいしいですよね。今回は、その牛丼を独自に分析。再現レシピとしてチャレンジしました!

▲特盛り&つゆだくも自由自在! あこがれの味をお腹いっぱい掻き込もう

▶材料(1人分)
・牛バラ薄切り肉=200g
・玉ねぎ=1/2個
・ご飯=丼1杯
・紅生姜=適量

▶作り方
1.玉ねぎは縦半分に切り、さらに横4等分に切る。 玉ねぎは厚めに、繊維を断つ方向に切ると食感が残りつつも柔らかな仕上がりに

 ▲玉ねぎは厚めに、繊維を断つ方向に切ると食感が残りつつも柔らかな仕上がりに

2.鍋に【煮汁】の材料を全て入れ、火にかける。沸々してきたら、牛肉を1枚ずつ入れる。牛肉は米国産など安価な輸入牛を使用。ここでウスターソースを加えることで、「吉野家」風に味がぐっと近づく。

肉同士がくっつかないよう、1枚1枚ていねいに加える

▲肉同士がくっつかないよう、1枚1枚ていねいに加える

3.牛肉の色が変わったら1を加え、フタをして10分煮込む。玉ねぎは最後に加え、シャキシャキ感を残すのがポイント!

▲玉ねぎは最後に加え、シャキシャキ感を残すのがポイント!

4.味をみて必要なら塩(分量外)で調味する。
丼にご飯を盛り、2をかける。好みで紅生姜を乗せて。

監修:ヤナイユキコ(フードライター)
料理雑誌の編集、ライターを経て、出産を機にフリーのフードライターに。数々の料理取材、食べ歩きの経験を活かし食品メーカーのレシピ考案も行う。現在はママ向けサイトで料理記事などを執筆。育児中でもおいしいものを食べるため、日々料理に勤しんでいる。

※このレシピは編集部が独自の見解で再現したものであり、実際のお店のレシピとは異なります。正しい味は、お店に行って確認を!
※「CHINTAI2017年4月20日号」の記事を編集したものです

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。