体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

廉価版こそ賢い選択になることも!? ボルボ V40 T2キネティック(試乗レポート)

▲モデルライフの後半となったV40。今回は市街地での試乗を行った

▲モデルライフの後半となったV40。今回は市街地での試乗を行った

成熟したモデル後半の車に試乗する

ボルボ V40に試乗する機会に恵まれた。登場から数年たって、そろそろフルモデルチェンジしてもおかしくないV40だが、あらためて乗ってみて発見があった。我々は出たばかりの車の記事を書く機会は多いけれど、登場からしばらく経過した車となると途端にその機会が減る。けれどもユーザーは新車を選ぶ際、出たばかりのモデルから選ぶとは限らない。登場して評判が高いことを知ってから興味をもつこともあるだろうし、モデル後半になっていい条件を引き出せるから選ぶというケースもあるだろう。またメーカー/インポーターが予告なく仕様を変更するのもよくある話だ。特に輸入車はモデルの最初と最後では印象がかなり違うことも多い(たいていは良くなっている)。

つまりモデルライフの後半に差し掛かった車のインプレッション記事も意味があるはずだというわけだ。またその車が中古車となって流通する頃にユーザーの参考になればという理由から、そのモデルのマイナーチェンジや仕様変更の変遷についてもできる範囲でまとめて、簡単なクロニクルとしても役立たせたい。探した経験のある方ならわかっていただけると思うが、一世代前、二世代前のモデルの情報はなかなか入手しにくいもの。

複雑な変遷をたどり2度目のV40という名前が与えられた

さてボルボ V40。この車名が用いられるのは2回目のことだ。最初は1995年に登場したステーションワゴンの車名として。当時ボルボは三菱自動車と組んでオランダにネッドカーという合弁企業を設立していて、V40はそこで三菱 カリスマなどと一緒に生産された。同じプラットフォームを用いたハッチバックをC30、セダンをS40と呼んだ。2004年にモデルチェンジ。セダンは引き続きS40と呼ばれたが、ワゴンは数字が10増えてV50となった。この頃からボルボはS40、V50、S60、V70、S80といった具合にワゴンに“セダン+10”の車名を付けるようになった。すでにボルボと三菱自動車の合弁は解消されていて、S40/V50はボルボ同様にフォードグループだったマツダと車台やエンジンを共有する車となった。

そして12年、S40/V50はモデルチェンジして5ドアハッチバックに一本化された。このモデルの車名としてV40が復活したのだ。ボルボは10年にフォードグループを抜け、中国の吉利汽車傘下となったが、V40は引き続きフォード時代のプラットフォームを用いて開発された。翌13年はじめに日本導入された。同年末にマツダ・アクセラが独自のスカイアクティブシャシーを用いた新型(現行型)へとモデルチェンジしたため、V40とアクセラは同じ年に登場しながらも、ひと世代の差があるということになる。

▲S40/V50が5ドアハッチバックに一本化されてV40の車名が復活した

▲S40/V50が5ドアハッチバックに一本化されてV40の車名が復活した

現行V40は世界的にヒットして、ボルボの世界販売台数向上に貢献した。日本仕様は当初いずれもガソリンエンジンで、1.6リッター直4ターボ(T4)と2リッター直5ターボ(T5)が搭載された。T4には6速デュアルクラッチ・トランスミッション、T5にはトルコン型6速ATが組み合わせられた。翌14年に早くも小さな仕様変更があり、足回りがダイナミックシャシーからツーリングシャシーとなった。具体的には前後ともスプリングレートを落とし、フロントスタビライザーもソフトなセッティングに。登場当初に多かった乗り心地が硬いという評価を受けての変更だったが、実際乗り心地がよくなったと感じたのを覚えている。同じ目的でタイヤも細いタイプに変更となり、副産物として最小回転半径が5.7mから5.2mへと小さくなった。

15年にもマイナーチェンジがあり、ディーゼルの2リッター直4ターボ(D4)が追加された。8速ATとの組み合わせ。このエンジンの燃料噴射装置はデンソー製で、ATがアイシン製、加えてカーナビが三菱電機製と、実はV40は日本のサプライヤーがてんこ盛りの車なのだ。翌16年にT4はなくなり、代わりに1.5リッター直4ターボのT3が6速ATとの組み合わせで設定された。ヘッドランプが新世代ボルボに採用されるトールハンマータイプになったのもこのタイミングだ。またベースグレード、SE、Rデザインだったグレード構成が、キネティック、モメンタム、インスクリプション、Rデザインに変更となった。そして、RデザインのエンジンはT5という呼称のまま、2.5リッター直5ターボから2リッター直4ターボに切り替わり、ATは6速から8速となっていった。

1 2次のページ
日刊カーセンサーの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。