体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄のおすすめ離島11選!のんびり散策して島時間を楽しもう

沖縄のおすすめ離島11選!のんびり散策して島時間を楽しもう

喧騒から遠く離れて、ゆっくりと流れる「島時間」をのんびり楽しみたい人に、おすすめなのが沖縄の離島。琉球王国時代からはぐくまれてきた豊かな文化、神秘的な亜熱帯の森、蒼く透明な海……。

 

沖縄の離島といえば、石垣島、宮古島などが知られていますが、実は沖縄には50以上もの離島があり、手つかずの自然や独自の文化が残されています。

今回は、それぞれ個性的な離島を紹介します。

※編集部追記
2015年10月に公開された記事に新たに3選追記しました。

 

■ケラマブルーの楽園「渡嘉敷島」

渡嘉敷島2

photo by fujikinoko

渡嘉敷島は、那覇市の西方32㎞に浮かぶ、平成26年に国立公園に指定されたばかりの慶良間諸島の中では一番大きな島。

 

……といっても、大小10余りの無人島を含めて総面積19.23㎢。アップダウンが激しいのでサイクリングはおすすめできませんが、車で1時間もあれば1周できてしまいます。

島のいたるところでたくさんの猫たちがのんびり昼寝をしていて、のどかな雰囲気が漂っていますが、第2次世界大戦中は、「集団自死」の舞台となった悲しい歴史もある島です。

 

渡嘉敷島の見どころは、なんといっても「ケラマブルー」と称されるコバルトブルーの美しい海!

阿波連ビーチとトカシクビーチという施設の整ったきれいな海岸が2つあり、どちらもビーチエントリーで美しい珊瑚の森を泳ぐ色鮮やかな熱帯魚と出会うことができます。

DSC00532photo by Mio Ozaki

特におすすめしたいのが、ウミガメが棲みついているトカシクビーチ。透明度の高い海の中で悠々と暮らすウミガメと一緒に、のんびり泳ぐことができるんです。

那覇から高速艇で35分、フェリーでも70分と気軽に行くことができ、日帰りでのショートトリップも可能です。

「渡嘉敷村公式サイト」

 

■古き良き沖縄を感じる「竹富島」

09 離島 018

photo by Mio Ozaki

竹富島にアクセスするには、石垣島が玄関口。石垣島の南西6.5km、石垣港から船で約10分に浮かぶ小さな島が竹富島です。

珊瑚でできた白砂の道、石垣に咲き誇る真っ赤なブーゲンビリア、赤瓦の民家、表情豊かな屋根の上シーサーなど、竹富島には沖縄の古い町並みが色濃く残されており、昭和62年(1987年)に国の「重要伝統的建造物郡保存地区」に選定されました。

09 離島 013

photo by Mio Ozaki

竹富島の名物は水牛車。ガイドさんの名調子や心地よい三線の音色を聴きながら水牛の馬車に揺られて、島の集落をぐるりとまわります。

 

蒼い海と真っ白な砂浜のコントラストが美しいコンドイビーチ、星砂の浜として知られているカイジ浜など、島時間にどっぷり浸れる静かなビーチもあります。

周囲約9kmの小島なので、ぜひ、お散歩にでかけてみてください。比較的アップダウンの少ないなだらかな道が続いていますから、レンタサイクルでまわるのもおすすめです。

「ぱいぬ島ストーリー – 沖縄県竹富町観光協会」

1 2 3次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。