ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

厄年に子供を産むと厄落としになる!? ちょっと気になる厄年の出産

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
f:id:akasuguope04:20161021171801j:plain

厄年について普段だったらそこまで気にしていなかった私でしたが、妊娠・出産ともなると、やはり不安になりました。

私の場合、前厄である数え年32歳で妊娠し、本厄である数え年33歳で出産しました。妊娠・出産を通して、ずっと厄年だったのです。

私は前厄である妊娠中に切迫流産と診断され、入院・絶対安静になってしまいました。切迫流産と診断されたのは、妊娠初期の妊娠13週のことでした。 関連記事: 出産は厄落としになる? 厄年続きの30代の妊娠、なにを信じるかは人それぞれ

しかしながら、切迫流産の入院は、今まで仕事ばかりだった自分に、自分の体を休めてのんびりする時間を与えてくれました。もちろん入院中はお腹の赤ちゃんのことが心配でたまらなかったですが、赤ちゃんの容態を先生や看護師さんに24時間見守ってもらえている安心感もあり、ゆったりとした時間を過ごして自分のことを振り返ることができました。

幸い、切迫流産の症状も3週間ほどで落ち着いたので、無事に退院することができました。退院後は、食べる物に気を遣ったり、自分の体の声にちゃんと耳を傾けるようになったりと、体調管理にも気を付けるようになりました。

切迫流産の入院がなかったら、正直なところ、ここまで気を付けることはなかったです…。切迫流産の症状は、お腹の赤ちゃんからの「ママ、もっと自分の体を大事にして!」というメッセージだったのかもしれません。

また、厄払いには行きませんでしたが、退院後には安産祈願に行き、安産のお守りやお札をもらってきました。

戌の日の安産祈願は混雑すると聞いたので、まだ体調に不安があった私は、敢えて戌の日を外し、平日の大安の日に安産祈願に行きました。おかげで安産祈願の神社もすいていて、体に負担がかかることなく、安産祈願を受けることができました。

そして、本厄での出産でしたが、出産時はトラブルもなく、安産で出産することができました。切迫流産になってしまったことも、結果として、自分の体調管理を振り返る機会になり、赤ちゃんも無事に産まれてきてくれて何よりでした。

ちなみに友人から「厄年に子供を産むと、厄落としになる」というジンクスを聞きました。出産の年は本厄、子供1歳の年は後厄と厄年が続いていますが、大きなトラブルもなく、子供はすくすくと成長してくれています。

出産が厄を洗い流してくれたのだな!と思って、今は特に厄年を気にすることなく、過ごしています。 関連記事: 厄年の出産って良いの?悪いの? 授かったタイミングが家族にとってのベストな時!

f:id:akasuguope04:20161013204305j:plain

著者:とももん

年齢:30代

子どもの年齢:1歳

息子のパワーに負けじと頑張る、料理の苦手な専業主婦です

※プロフィール情報は記事掲載時点の情報です。

関連記事リンク(外部サイト)

安定期に入っても油断はできない!!
勤務中、突然の大量出血にパニック!妊娠3ヶ月目で切迫流産の危機
妊娠11週。突然の大出血でトイレが真っ赤に…

赤すぐnet みんなの体験記の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。