体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

陸続きのヨーロッパを周るならこれだけ覚えよう!各国の挨拶17選

陸続きのヨーロッパを周るならこれだけ覚えよう!各国の挨拶17選

 

旅人の永遠のテーマ「言語」。もちろん話せなくても大丈夫ですが、話せたらもっと旅が楽しくなります。だからと言って、一つの言語を習得するのには、かなりの時間がかかりますし大変です。

今回は、これを覚えると便利だ!という、各国の挨拶を17個紹介します。

1.英語

photo by shutterstock

こんにちわ → Hello ハロー

ありがとう → Thank you サンキュー

さようなら → Bye バイ

はい・いいえ → Yes イエス・No ノー

旅をするならやっぱり英語!世界一周する前の旅人が、まず何ヶ月か英語留学する。というのは、誰しもが聞いたことがあると思います。

世界の人口を70億人とした時、英語を話せる人間は4人に1人だそうです!こう聞くと英語が話せるってすごいことですよね。実際に英語の伝わる国なのであれば、英語で話せば問題はないでしょう。

 

2.フランス語


photo by shutterstock

こんにちわ → Bonjour ボンジュール

ありがとう → Merci メルシー

さようなら → Au revoir オフボワー

はい・いいえ → Oui ウイ・Non ノン

何かとおしゃれなフランスはいつの時代も憧れている人が多いですよね。

フランス人は、英語が話せてもフランス語で話すことが多いです。自分の国の言語に誇りを持っているのは素敵ですよね。ですが、英語で話しかけているのにフランス語で返されることもあるので、少しのフランス語なら覚えていた方がいいでしょう。

 

3.スペイン語


photo by shutterstock

こんにちわ → Buenas tardes ブエナスタールデス

ありがとう → Gracias グラーシアス

さようなら → Adiós アディオース

はい・いいえ → Si シー・No ノ

情熱の国スペイン。筆者の周りでは、大学の専攻が英語の次に、スペイン語が多く感じます。

個人的にとても難しい言語である印象のスペイン語ですが、簡単な言葉だけならすぐに覚えられそうです。最近では、英語→中国語→スペイン語の順で注目されているので、学んでおくと役立ちそうですね。

 

4.ポルトガル語

photo by shutterstock

こんにちわ → Boa tarde ボアタールジ

ありがとう → Obrigado(男性)オブリガート・Obrigada(女性)オブリガータ

さようなら → Tchau チャウ

はい・いいえ → Sim シン・Não ナウン

ポルトガル語圏では、英語が扱える人口が増えてきてはいますが、まだまだ通じない人が多いそうです。上記ではこんにちわをBoa tarde ボアタールジ と書きましたが、親しい仲では、Olá オラ(日本語で言う、やあ。のようなもの)というそうですので、少し仲良くなったら使ってみてください。

1 2次のページ
TABIPPO.NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。