体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Sony MobileのNFCタグ「Xperia SmartTags」のデモ(動画あり)

Sony MobileがNFC対応端末向けに発売したNFCタグ「Xperia SmartTags」を入手したので使ってみました。実際には複数個のパックで販売(£20程度)、あるいはNFC対応のXperiaに同梱してくるみたいなのですが、私が入手したのは知人より譲り受けたもの。なので1つしか手元にありません。最初の画像をご覧の通り、Xperia SmartTagsは500円玉サイズの小さなNFCタグです。Xperia SなどNFC対応のAndroidスマートフォンをかざすと、あらかじめ端末側のアプリで設定しておいたアクションを自動的に実行させることができます。本体にはホールが設けられているので、キーホルダーのようにして使うこともできます。

Xperia SmartTagsを使用するにはNFC対応端末が必要です。端末側に「LiveWareマネージャー」アプリと「Xperia SmartTags」アプリをインストールしておく必要があります(Playストアで公開中)。どちらもXperia Sにはプリインストールされています。最初にかざすと、LiveWareマネージャーがXperia SmartTagsを認識します。

Xperia SmartTagsのアクション設定画面にはLiveWareマネージャーからアクセスできます。

Xperia SmartTagsの管理画面です。ここにはかざして認識させたXperia SmartTagsが表示されます。隣の「お気に入り」は、Xperia SmartTagsがない場合でもアクションを実行させることができるよう設けられた機能で、後述のウィジェットの星アイコンをタップするだけでアクションを実行させることができます。

今回入手したネイビーカラーのXperia SmartTagsは読み取ると就寝前に使用することを想定した”寝室”アクションが設定されていました。名前やアクションは自由に変更することができます。

具体的には次のようなアクションを設定できます。 Wi-Fi、Bluetooth、GPSのON/OFF ホームページの表示 音楽のコントロール(再生・停止など) 着信音のモード変更 アプリの起動 音声コマンドの実行 SMSの送信 壁紙の変更

アクションは複数設定可能。

「Xperia SmartTags」アプリはウィジェットアプリです。画面上に次のような2×2アイコンを表示しておくと、先ほど説明した「お気に入り」の実行、NFC機能のON/OFFなどを行うことができるようになります。

NFC対応のGalaxy Nexusでも動作しますね。HTC One XなどのNFC対応端末でも使えると思います。

デモ映像です。



(juggly.cn)記事関連リンク
厚さ7.9mm・Snapdragon S4搭載「HTC One S」開封の儀
ASUS、Transformer Prime TF201購入者にGPSレシーバーの無償提供を計画
Xperia arc SO-01C、Xperia ray SO-03C、Xperia PLAY SO-01DなどSony Mobile 13モデルがBluetooth SIGの認証を再取得

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。