ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

BOØWYの音源と過去のライブは曲も歌詞も違う?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

BOØWYの音源と過去のライブは曲も歌詞も違う?
J-WAVEで放送中の番組「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」(ナビゲーター:グローバー)。7月22日(土)のオンエアは、前回に引き続き、伝説のバンド「BOØWY」を特集。ゲストにBOØWYの大ファンであるジャーナリストの津田大介さん、ONIGAWARAの竹内サティフォさんをお迎しました。

BOØWYの魅力を語るうえで欠かせないのがライブ! 竹内さんも「ライブ音源がすごくカッコいいので、どんどん出してほしいですね。今でもすごい映像でいっぱい残ってて…手軽に見られるのでありがたいですね」と記録がしっかり残っていることにありがたみを感じているようです。

続いて、BOØWYのライブで一番いいなと思っている部分について、津田さんは「けっこう氷室さんのアツいMCとかが入っていて。だからMCも込みでライブを音源化してほしいなって思ってるのがたくさんあるんですよね」と話します。

また、ライブといえば、竹内さんが好きな名台詞は「ライヴハウス武道館へようこそ!」。すごく有名なセリフですよね。「これは本当にもう語り継がれていく。何人ものアーティストが武道館に立ったときに真似していると思うんですけど、これだけは外せないですね」と竹内さん。BOØWYを知らない人でも聞いたことがあるかもしれませんね!

トーク中、津田さんからグローバー、竹内さんも知らない情報も明かされました。「初期の頃って、『BABY ACTION』とかって曲が違うんですよね。サビが違うんですよ。ちょっとメロディアスなサビじゃないですか? あれ、全然違うんですよね。最初の頃の『BABY ACTION』は」と津田さん。

どうやら、Bメロあたりまでは同じなのですが、途中からはパンクっぽいそう。それがライブを重ねる中で音源のようになっていったそうです。「だから演りながらどんどんアレンジとか変えてるんですよね。『CLOUDY HEART』とかも有名な代表曲ですけど、あれも『ROCK’N ROLL』って曲ですからね。歌詞も途中で変わってるんですよね」と津田さん。この情報には竹内さんも驚いていました。

そして今回はBOØWYを愛してやまないお二人に、BOØWYを一言で表現していただきました。まずは竹内さんから!

「まだまだ未完成なバンド」と、竹内さん。「自分の中でまだBOØWYの答えがぜんぜん見つかっていない。津田さんから聞いた話でも、まだ魅力が出てきたし。昔のバンドなんで新しい音源とかはないんですけど、また新しいCDも出るし、そういうのでまた新しい魅力が勉強できるなと。“まだまだBOØWY伝説は終わっていない”っていうのが、今日、自分の中で再確認できたと思います」(竹内さん)

続いて津田さんは、「人生の鏡である」。「音楽がいいなって思うのって、いっぱい聴いたときの風景と結びつきませんか? 『あのとき、この曲いっぱいウォークマンで聴いてたな』『あのときここにいたな』みたいなのとか。それで人生のシチュエーションみたいなのと結びつくし、BOØWYの場合は1枚目から6枚目まで、歌詞の世界観も違うし、音の世界観も違うし、それぞれ思い入れを持てるところがたくさんあると思うんです。多くの人が投影しやすいバンド」(津田さん)

というわけで、2回にわたってアツく語り合った今回のBOØWY特集。永遠に話が続いていきそうな勢いでした(笑)。機会があればぜひまだ語ってもらいたいですね!

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「MITSUBISHI JISHO MARUNOUCHI MUSICOLOGY」
放送日時:毎週土曜 17時−17時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/musicology/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。