体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

医師はあまり勧めない?妊娠中の「腹帯」の効果と種類別の特徴

医師はあまり勧めない?妊娠中の「腹帯」の効果と種類別の特徴
妊娠中のお腹が目立つようになった頃に付ける「腹帯」は、母体をいたわる為に使用されるものです。

しかし、プレママさんにとっては初めての経験で、腹帯を付ける時期の目安や腹帯の種類など、分からないことも多いと思います。

腹帯の効果や種類別の特徴、注意点などの疑問を、医師にお話をお伺いしました。

腹帯とは

さらし木綿の生地
妊婦がお腹や骨盤に巻く帯です。

古くはさらし木綿の生地を巻いていましたが、うまく巻くにはコツが必要であり、外出先で巻きなおすのも難しいと言われています。

現在では、手軽な骨盤ベルトタイプやショーツと一体になったタイプなども使用されています。

腹帯の効果

妊娠後期の妊婦
・お腹を温める
・ある程度の衝撃から保護してくれる
・腰痛を防ぎ、お腹の重みを支える(骨盤を締め、下からお腹を支える為)

昔の腹帯の考え方

かつては、あまり赤ちゃんが大きく育ち過ぎると難産になるので、お腹の上から締め付けることで胎児の発育を制限するという意図もあったようです。

しかし、お腹の上から子宮を押さえつけても胎児の成長を抑制できるかどうかは定かではありません。

切迫早産を引き起こす可能性もあるため、こういった目的での使用は行われなくなっています。

腹帯を付ける時期

戌の日
腹帯は妊婦さんが妊娠5カ月の戌の日に付ける習慣がありますが、5カ月になるまでしてはいけないとか、5カ月になったらしなければいけないというものではありません。

季節にもよりますが、お腹が重いと感じるまでは薄い腹巻だけしておき、妊娠後期になってお腹が重くなってからは骨盤を支えるベルトタイプの腹帯をするというのも良いでしょう。

腹帯の種類

さらし

腹帯のさらしタイプ
さらし木綿と呼ばれる、幅34㎝の帯状の布です。

マタニティグッズ売り場や手芸店で手に入ります。神社で安産祈願をすると祈祷済みのさらしをもらえることもあります。

うまく巻くのは技術が必要で、助産院や分娩施設で着帯指導の教室が開催されていることもあります。使いこなせれば吸湿性もよくフリーサイズで便利と感じられる方もいるでしょう。

骨盤ベルトタイプ

腹帯の骨盤ベルトタイプ
お腹ではなく腰骨の高さで締める帯で、マジックテープで止めるようになっています。下から子宮を支えます。

早産予防や骨盤の痛み(腰や恥骨の痛み)を和らげるとされています。産後の骨盤戻しにも使用できます。

ショーツ一体タイプ

腹帯のショーツ一体タイプ
おへその上あたりまで隠れるようなショーツで、お腹を下から支えるように伸縮性のある素材が縫い込まれています。

1 2次のページ
Doctors Me(ドクターズミー)の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会