体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バー・カウンターでシャーッ……博多町家の長〜いカウンターで夏にうれしいラーメンを食す【福岡】

f:id:mesitsu_lb:20170706154235j:plain

博多の総鎮守「櫛田神社」。取材した日はユネスコ無形文化遺産にも登録された博多の夏の風物詩「博多祇園山笠」の開催前で、桟敷席などの準備が進められていた。

他県のみなさん、博多という市はありません

こんにちは、ライターの兵土です。

福岡博多って他県の人にはいまだによく混同されるんですが、念のためにおさらいしておくと、行政区分で言えば、政令指定都市の名前は福岡市。博多は現在福岡市に7つある区の一つで、福岡市博多区。

でも、中世から貿易都市・商人の町として栄えたのは博多で、関ヶ原の戦いでの戦功を認められた黒田長政が父・如水(官兵衛)を伴って1601年に筑前入りし、城とともに造った武士の町が福岡です。地元の人間は市の中央を縦断する那珂川を境にざっくり西側を福岡部、東側を博多部などと呼んだりします。

交通機関で言えば、飛行機に乗れば着くのは福岡空港ですが、新幹線に乗ると博多駅に着きます。

福岡市出身者が地元のことを親しみを込めて、あるいは分かりやすく表現するために博多と言うことはありますが、テレビなどのメディアで「福岡県博多市」なんて言ってるのを耳にすると、目くじらを立てて怒ります。

貿易で栄えた博多は古くから商人が治めた自治都市で、そのため戦国期には大内・大友・龍造寺・島津など九州・山口の諸大名が争奪戦を繰り広げたため、博多は一面の焼け野原になってしまいました。

その荒廃した博多を復興したのは九州平定のためにやって来た豊臣秀吉です。秀吉としては来るべき朝鮮出兵のために博多を兵站基地にしようという構想があったのでしょうが、ともかく神屋宗湛と島井宗室の地元豪商の協力を得て博多の町を復興させます。その事業は「太閤町割」といって、このとき定められた「流(ながれ)」と呼ばれる自治単位は現在でも「博多祇園山笠」の地区分けの基本になっています。

そんな博多の下町で

博多区冷泉町の一帯は先の大戦でも空襲による延焼を免れたため、古い町並みが今でも残る風情豊かな博多の下町です。近くには博多の総鎮守で夏の大祭「博多祇園山笠」の舞台でもある「櫛田神社」や「博多町家ふるさと館」「博多伝統工芸館」などの観光名所があって、国内外の観光客が散策する姿をよく見かけます。

江戸末期〜昭和初期に建てられた商家の古民家は、多くが京都などと同様に間口が狭く奥行きが長い“うなぎの寝床”と呼ばれる博多町家です。かつては壁を共有する形で長屋のように町家がみっちり並んでいたのでしょうが、さすがに今では数が少なくなってしまいました。近年は隣が取り壊されて駐車場になってしまい、共有していた壁を応急処置で塞いだために、母屋・中庭・離れ・蔵など複雑な形をもつ“町家の断面”をさらすことになってしまった古民家をちらほら見かけます。

f:id:mesitsu_lb:20170706154513j:plain

櫛田神社の参道沿いにある「博多町家ふるさと館」。近くから移設した大きな博多町家の「町家棟」を中心に、博多の民俗・歴史を紹介している。

f:id:mesitsu_lb:20170706154600j:plain
1 2 3 4次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。