体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

ことのはじまり

2010年、夏。自転車でヨーロッパを旅していて、ちょうど1ヶ月が過ぎた頃だった。美しいブドウ畑を眺めながら、ぼくは南フランスの田舎道を気持ちよく走っていた。「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

途中、曲がり角に差しかかる手前に、小さな水たまりがあった。とくに気を止めず走っていたが、それがガソリンだと気付いたときには、すでにタイヤは滑り、自転車は宙に浮いていた。時速30kmでの転倒。後続車の急ブレーキが少しでも遅れていたら、ぼくは命を落としていたかもしれない。

幸い大きな怪我にはならなかったが、顔と肩の傷が痛んだのと、初めての転倒事故で精神的にも動揺していたため、少し休むことにした。1泊しかしない予定だったニースで3泊することにした。「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

町を歩きながら、

「なぜ怪我をしたのだろう。なぜニースで3泊もする『必要』があるのだろう。きっと何か、意味があるはずだ」

とずっと考えていたが、そのときはわからなかった。結局その理由がわかったのは、事件から半年後のことだった。

思わぬ展開

ニース駅前のマクドナルドで食事をしていたとき、横に座っている女性が日本人だと気付いて、思わず話しかけてしまった。すると、ぼくが旅の資金をスポンサーで集めたということに興味を持ってくださり、「ぜひ旦那に会わせたいので、明日の晩、夕食をご一緒しませんか?」と言われた。

その方の旦那さんは、実はとある有名企業の社長さんで、たまたま出張でニースに来ているとのことだった。「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方

次の日の夜。社長は、ひと通りぼくの話を聞き終えると、

「中村くんな、俺も、ある男のスポンサーになってるのよ」

と言った。

「誰のですか?」

と聞くと、ぼくの尊敬する方だったから、とても驚いた。

「エベレスト登山家の、栗城史多くんという子だよ」

当時はまだ今ほど有名ではなかったが、ぼくはNHKのドキュメンタリー番組で栗城さんのことを知り、エベレスト登頂という夢に向かって挑戦を続ける彼の姿に深い感動を覚えた。

「栗城さんは、ぼくの尊敬する方です。いつかお会いしたいと思っています」

と、社長に伝えて、その場を後にした。

出逢いが、新たな旅の始まりに

それから半年後。学生最後の春休みを過ごしていたぼくのもとに、突然ニースで出逢った社長から電話がかかってきた。

「今度栗城くんとメシを食うから、中村くんも来ないか?」

ついに念願が叶い、ぼくは社長の家で、栗城さんに会うことができた。「四国11日間・無一文の旅」が教えてくれた、苦しみとの向き合い方
1 2次のページ
TABI LABOの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。