体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【城 南海】 『城 南海 ウタアシビ 2017 夏』 2017年7月9日 at 恵比寿ザ・ガーデンホール

 自身のルーツをテーマにした夏ツアーの追加公演。バンドマスターただすけ(Piano)、石村順(Ba)、遠山哲朗(Gu)、notch(Per)、田中詩織(Viola)、古川淑恵(Cello)で構成されるバンドを従え、デビュー曲「アイツムギ」から始まる。公演前に体調を崩した彼女を心配した観客の声援に涙を浮かべながらも笑顔を見せながら、いつもと変わらぬ伸びやかな歌声を届ける城。7月19日発売のニューシングルに収録されている、まだ見ぬ未来に想いを馳せる新曲「未完成の世界」を初披露すると、デビュー当時はこの曲で歌に気持ちを込めるということを学んだという中村 中のカバー曲「友達の詩」を歌唱。その憂いを湛えつつ凄みのある歌声に圧倒されて、会場は息をするのも忘れたように静まり返り、歌い終わった城に感極まったオーディエンスから“最高!”と声がかかった。そして、シークレットゲストとして奄美の先輩でもある元ちとせをステージに招き入れ、元のデビュー曲「ワダツミの木」をお互いの個性が生きたグイン(奄美大島固有の歌唱法)でじっくり聴かせる。ふたりの歌姫による夢のような豪華な共演に会場が酔いしれたことは言うまでもない。その後、「豊年節」「ワイド節」といった奄美大島のシマ唄でにぎやかに歌い踊り、会場は大いに盛り上がった。
 (okmusic UP's)

 続いて、今夜のスペシャルゲストとして、城がデビュー間もない頃からお世話になっている音楽プロデューサーの武部聡志が登場。“歌が素晴らしく良くなったよね。本当にね”という恩師の賛辞に、“ええっ! 嬉しいです!”と驚きながらも胸いっぱいの表情を見せる城。そして、ふたりが最初にレコーディングした「紅」をピアノと歌のみで披露する。武部の卓越したピアノに乗せて、ますます輝きを増す城のヴォーカル。ピンと張りつめた共演に、客席から割れんばかりの拍手が送られた。さらにバンドメンバーも参加し、武部が城に合うのでは?と勧めた荒井由実の「やさしさに包まれたなら」のカバーを本邦初公開。その完成度から“今度レコーディングしよう”という武部の提案に城も大喜びする場面も。その後、武部が編曲に携わったニューシングル表題曲「あなたに逢えてよかった」へ。武部はこのナンバーについて“すごくいい曲に仕上がったと思っていて。これはきっとこれから先、10年、20年歌っていける歌になったんじゃないかなと思います”と率直な想いを語った。また、城はインタビューで“背中を押す気持ちで歌っています”と述べていたが、そんな彼女のやさしくかつ揺るぎない歌声は、聴き手の心を勇気付けたことだろう。

 最後は武部の鍵盤ハーモニカ&バンドとともに「兆し」で締め括られた本公演。迷いなく真っ直ぐに心のまま歌う城の姿を見て、「兆し」をリリースした2011年当時、作曲・編曲・プロデュースを担当した武部にインタビューをした時の言葉が蘇ってきたーー。

 “今の城さんの年頃は、日々すごく変化して大人になっていくし、そんな中で自分の内面と向き合わなくてはならない時期が絶対に来るでしょう。彼女と最初に会った時は、それこそ屈託のない笑顔の女性だったけれど、今はもう少し自分の内側にあるものと向き合うような歳になってきたんじゃないかな?と感じたんです。(中略)人によって、この瞬間だからこそ似合う歌、みたいなものが絶対にあるはずなので、僕なりに城さんのことを見て、今はこういう歌が似合うんじゃないかな?という曲(「兆し」)を作ったつもりです”。

1 2次のページ
エンタメ
OKMusicの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。