体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた

“逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた

人間、生きていれば必ず「逆境」に立ち向かわなければいけない時が来る。そこで打ちひしがれるか、乗り越えようとあがくかによって未来は変わる。

人はどのように逆境を乗り越えればいいのか。

そのヒントになるのが『逆境の教科書 ピンチをチャンスに変える思考法』(集英社刊)である。著者の山口伸廣さんは、かつて一晩で資産230億円を失うなど信じられない逆風を受けながら、実業家として復活を遂げた人物だ。

そんな本を担当した編集者は、やはり逆境の乗り越え方を熟知しているのか?

本書の担当編集であり、集英社ビジネス書編集部の編集長である藤井真也さんに、新刊JP編集部の金井がインタビューをした!

■編集者は「毎日が逆境」であるということ

“逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 金井:今日は宜しくお願いします! “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 藤井:宜しくお願いします! 何でも聞いて下さいね。 “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 金井:では、さっそく。よくマンガや雑誌などでもテーマになる編集者という仕事ですが、実際に働いている中で感じる「逆境」はどんなものがありますか? “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 藤井:もしかしたらご期待とは違う答えかもしれないけど、毎日が逆境かもしれません。 “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 金井:毎日が逆境!? “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 藤井:そうです。日常的にトラブルが起こるというかね(笑) “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 金井:日常がすでに逆境…。 “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 藤井:そうなんですよ。だから、もう逆境だと感じていないかもしれない。 “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 金井:すごいですね…。編集者を描いた創作物では、本が出版されない、企画が通らないといったところで主人公がつまずくシーンを見かけますが、それらは日常茶飯事ということですか? “逆境を乗り越えるための本”を編集した編集者に、逆境の乗り越え方を聞いた 藤井:本を出す企画1つあっても、関わる人はとても多いんです。社内ならば編集者だけではなく宣伝、営業などからも、本をより多く売るために意見が出てきます。
1 2 3 4 5 6次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会