体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【嫁さん評価★5】チューブ入り梅肉で手軽に夏ツマミ【火を使わないレシピ】

f:id:kamekichipapa:20170720111554j:plain

嫁さん評価 ★★★★★

「お酒の肴ってわかってるだけど食べてしまう味だわねー。ビン詰めのなめ茸、少しなめてたわ。味もいいけど食感かも!」

娘評価 ★★☆☆☆

「これは大人が食べる味って感じやねぇ。おいしいとかそうでないとか、ようわからん味やわぁ」

「ビン詰めのなめ茸、なめたらあきませんよー。定番の鶏むね肉にもぴったり!」 毎日めっちゃ暑い日が続くと、なんだか食べ物が喉を通りにくい感じさえしますわ。皆さん、夏バテしてませんかー。

ということで、そんなときでも意外に食べられてしまう簡単ツマミを。ポイントはビン詰めのなめ茸とチューブの梅肉です。これだけで、ええ味になってくれます!

夏バテ防止に鶏肉にはタンパク質、梅肉にはクエン酸、水分が豊富なきゅうり。なめ茸は…… 喉越しですわ(笑)。でもこの喉越し、料理には大事なんです!

かめきちパパの「鶏むね肉のなめ茸梅肉和え」

【材料】(2人分)

鶏むね肉 100g 酒 大さじ1 きゅうり 1/2本 なめ茸(ビン詰め) 大さじ2 梅肉(チューブ) 小さじ2

作り方

f:id:kamekichipapa:20170720110043j:plain

1. 鶏むね肉は皮を外し1㎝の厚さに切ります。耐熱皿に入れ酒をふりかけてラップをし、500wのレンジで1~1分20秒加熱。中まで火を通し冷まします。

f:id:kamekichipapa:20170720110044j:plain

2. キュウリを小さめの乱切りにして、ボウルに梅肉、なめ茸、1の鶏肉と一緒に入れて混ぜ合わせ、冷蔵庫で30~40分、よーく冷やしてからいただきます。

※なめ茸はしょっぱく感じるものもあるので、味をみながら量を調整してくださいね。

ここは王道「冷酒」でグビっと!

f:id:kamekichipapa:20170720110045j:plain

梅干しをたたいて作る梅肉もええんですが、今はめっちゃ便利なチューブの梅肉が定番。パパッと料理に使いたいときなんかにちょうどええんですわ。

f:id:kamekichipapa:20170720110032j:plain
1 2次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。