ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【ビルボード】若林暢の追悼アルバム、5週連続でクラシックチャートにトップ5入り

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【ビルボード】若林暢の追悼アルバム、5週連続でクラシックチャートにトップ5入り

 今週のBillboard JAPAN Top Classical Albumsは、若林暢の追悼アルバム2枚の同時チャートイン。両作ともに、これで5週連続のトップ5入りとなった。CDリリース記念追悼リサイタル全国ツアーが6月末にファイナルを迎えた後も、引き続き各メディアにて注目を集め上位をキープ。どこまで記録を伸ばしてくれるのか楽しみだ。

 続く3位と4位には第156回直木賞と2017年本屋大賞のダブル受賞となり、大きな話題となっている小説『蜜蜂と遠雷』のコンピアルバムが、こちらも2枚同時に上位チャートイン。6月にリリースされた『蜜蜂と遠雷 ピアノ全集[完全盤]』が上位だが、5月発売の『蜜蜂と遠雷 音楽集』は9週連続でのチャートイン記録を更新し、衰えぬ人気ぶりを示している。

 また第5位にはエリアフ・インバル、東京都交響楽団によるショスタコーヴィチ・シリーズ第5弾『ショスタコーヴィチ:交響曲 第8番』のSACDハイブリッド盤がチャートイン。同コンビによるショスタコーヴィチは、交響曲第4番で第50回レコード・アカデミー賞交響曲部門賞を受賞するなど高い評価を得ており、ファンの期待が見えるチャートとなった。text:yokano

◎【Billboard JAPAN Top Classical Albums】トップ10
1位『ヴァイオリン愛奏曲集』若林暢
2位『ブラームス:ヴァイオリン・ソナタ全集』若林暢
3位『蜜蜂と遠雷ピアノ全集[完全盤] 』
4位『蜜蜂と遠雷音楽集』
5位『ショスタコーヴィチ:交響曲第8番』エリアフ・インバル東京都交響楽団
6位『0歳からの育脳クラシック』
7位『月の光~リサイタル・ピース第1集』反田恭平
8位『ツィゴイネルワイゼン~名曲コレクション』三浦文彰
9位『チャイコフスキー&メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲』三浦文彰
10位『J.S.Bach:Solo Works for Marimba』加藤訓子

関連記事リンク(外部サイト)

7月31日付 【Top Classical Albums】
モルゴーア・クァルテット「結成25周年記念コンサート」開催 超絶技巧が唸るプログレ・ロック
諏訪内晶子インタビュー「自分自身が受けてきたものに対する社会への恩返し」

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。