ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

フーテンの寅次郎 〜ふらりとやって来てどこかへ行った〜

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「虎ちゃん〜いいこね〜♪」
ミーシス のオーナーである能勢さんに頭をなでられてご機嫌な顔の寅次郎。なんとも愛嬌のある顔つき、2015年の3月の写真です。僕がお店を訪ねたとき、寅次郎はいつもカウンターの入口の横にぺったりと座って(寝て?)いました。能勢さんの近くに居たかったのでしょうかね。

寅次郎は現在すでにお店にはいません。2016年の2月に亡くなりました。最後は眠るように逝ってしまったそうです。

**

寅次郎はある日突然にお店にやってきました。年齢不詳、出身不詳、種類も不詳(おそらくスコ?)。ミーシスにやってくる前は、少し離れた公園にいたようです。その公園にも、ある日急に現れたとのこと。公園の片隅でじっと動かず、毎日その公園を通る一人の紳士が気にかけてご飯をあげていたそうです。そしてある日またふらりといなくなってミーシスへ…。

**

ミーシスにやってきてからの1年と少しの間、寅次郎は穏やかに過ごしました。猫にとって何が幸せなのかいつも考えますが、いつも答えは出ません。

長生きすること?暖かく寝られること?ご飯に不自由しないこと?遊ぶ相手がいること?一人でいられること? う〜んあるいは何も考えていないかも。←これが一番合っていそうです…。

人間の側のエゴで言うとすると、生きている間にどれだけ愛情を注いであげたかでしょうかね。人知れず死んでいく野良猫が多い世の中で、寅次郎の最後はたくさんの人に愛され、その姿は多くの人の記憶に残っています。愛嬌のある顔つきも、のっそりとした緩慢な動作も、足を伸ばしてペタッと寝そべる姿も、たまに上げる小さな鳴き声も…。

寅次郎は亡くなってしまったのではなくて、ふらっとどこかへ行った。そしてまたいつかひょっこりと姿を現すような…そんな気がしてなりません。

ミーシス は横浜市のJR関内駅から徒歩5分のところにあって、里親募集中の猫たちがいます。常連さんの多いお店です。ぜひ足を運んでみてくださいね。

著者:ねこたろう

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
にゃんこマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。