ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ブックディレクター、幅允孝が絶賛する珠玉の小説

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ブックディレクター、幅允孝が絶賛する珠玉の小説
J-WAVEで放送中の番組「TOPPAN FUTURISM」(ナビゲーター:小川和也・相楽樹)。7月23日(日)のオンエアでは、選書家、編集者、執筆家、そしてブックディレクターとして活躍する幅允孝さんをお招きし、書店の未来についてお話を伺いました。

そもそもブックディレクターという肩書きは既存のものではなく、以前幅さんがテレビ番組に出演した際に、幅さんのために作られた造語だそう。そんな幅さんの主な仕事内容は、「いろんな場所に本屋さんや図書館を作ること」だそうです。

「一番やりたいことは、今は検索型の世の中で、知っている本しか手に取らない時代になってきているので、知らない本を手に取ってもらう機会をいろんなところに点在させることですね」(幅さん、以下同)

小川は「本屋さんに行くと、ついつい本を買っちゃうので、本屋さんは魔性ですね」と語っていましたが、現在、Amazonなどインターネットで本を買うことが可能になり便利になっていく一方、書店の数はどんどん減少傾向に。書店で偶然、本に出会う機会が以前より少なくなってきています。

一方で、地方など本屋がない地域の人にとって、インターネットでの販売は本を手に入れるための唯一の手段です。「これからはインターネット販売と書店が共存していかなくてはいけない」と、幅さんは語っていました。

そして、これからの本の向き合い方について伺うと…

「10分でもいいので、時間を作って本と向き合うことが重要かなと思います。写真集でもなんでもいいんですけど、まずは10分。それで面白かったらまた次の10分につなげればいいと思います」

最後にアンソニー・ドーアの小説「すべての見えない光」(新潮社)をおすすめしてくれた幅さん。こちらは短編の名手ドーアが、短編を書くように書いた長編小説だそうです。2ページから10ページ程度の短い話が200個ほど重なってできた見事な作品だそう。気になる方は是非チェックしてみてください。

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「TOPPAN FUTURISM」
放送日時:毎週日曜 21時−21時54分
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/futurism/

カテゴリー : エンタメ タグ :
J-WAVEニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。