体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

夏はうなぎ! 老舗の味がお得に満喫できる絶品ランチ

エンタメ

夏はうなぎ! 老舗の味がお得に満喫できる絶品ランチ
J-WAVEで放送中の番組「STEP ONE」(ナビゲーター:サッシャ・寺岡歩美)のワンコーナー「7-ELEVEN LUNCH HUNTER」。24日から4日間は「うなぎの名店教えます」と題して、ウェブサイト「うなぎ大好きドットコム」を運営する高城さんに、“ランチうな丼”がお得で美味しいお店を伺います。

初日となる24日(月)のオンエアでは、大塚にある「大塚 うなぎ宮川」を紹介。「つきじ宮川本廛(みやがわほんてん)」ののれんわけ第1号店として、明治40年創業、100年を超える歴史を持つ老舗です。現在の4代目店主はうなぎにも日本料理にも精通しており、本物のうなぎを少しでもリーズナブルな価格で楽しんでもらいたいという思いから、お昼の営業時間はランチとして、半身のうなぎを1900円で提供しています。

実際、寺岡が取材に行って食べたうな丼は、天然うなぎに限りなく近いブランドうなぎ「共水うなぎ」を使用しており、肉厚で「タレの焼けた香ばしい香りがふわっと広がり、テリッと輝くうなぎが食欲をそそります。うなぎもふわっふわで柔らかい!」とのこと。

ランチタイムの丼モノには、こだわりの月替り小鉢とお吸い物もセットになっているそう。ちなみに、7月の月替わり小鉢は「うなぎと翡翠茄子のゼリー寄せ」。日本料理にも精通した4代目による出汁を吸った茄子が、清涼感のあるメニューです。

4代目いわく「ぜひ専門店でうなぎを食べてほしい。小骨とかも気にならないので、お子さんに挑戦させるのにも良く、最初においしいうなぎを食べると、その後の抵抗がなくなり、うなぎが苦手にならないです」とのことでした。専門店のうなぎは「敷居が高い」と思っていた方も、ちょっとした贅沢ランチはいかがでしょうか?

※PC・スマホアプリ「radiko.jpプレミアム」(有料)なら、日本全国どこにいてもJ-WAVEが楽しめます。番組放送後1週間は「radiko.jpタイムフリー」機能で聴き直せます。

【番組情報】
番組名:「STEP ONE」
放送日時:月・火・水・木曜 9時−13時
オフィシャルサイト:http://www.j-wave.co.jp/original/stepone/

J-WAVEニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会