ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

【光のフィロソフィー】ルイスポールセンの照明の買取情報

  • ガジェット通信 GetNewsを≫

今回の記事では、ルイスポールセン製の照明をやむなく手放さなければならない方や、趣好の変化や引越し等で処分を考えているという方に向けて、中古市場で人気であるルイスポールセン製照明の買取相場やおすすめショップについての情報をお届けします。ルイスポールセンの照明は、そのデザインと柔らかな、温かみのある光で落ち着きをもたらします。気に入っているけど、今回売却を検討しているという方にお役に立てれば幸いです。

ルイスポールセンについて

25793396151_dceffe088b_z
photo by Gavriil Papadiotis

1874年に創業したデンマークの照明メーカー、ルイスポールセンは、機能的で美しいデザインを生み出し続けています。世界的な建築家、著名なデザイナーと数々の名作を作り出してきた100年以上の歴史を持ちます。ポール・ヘニングセン、アルネ・ヤコブセン、ヴァーナー・パントン、ルイーズ・キャンベルなどとの共作された代表的な照明作品は、ルイスポールセンより世界中で使用されています。シンプルで美しいデザインで人々と空間に影響を与える魅力的な雰囲気を作りだす、光をかたちづくるデザインと言えるでしょう。

ルイスポールセン製照明の買取相場

PH5

特徴:1958年に発表されたペンダント照明の名作中の名作。誰しもが一度は家具店で見たことあるデザインではないでしょうか?巷ではリプロダクト品が多数製造されるほどの有名作品です。ポールヘニングセンがデザインしました。
10,000円~40,000円

AJランプ

特徴:建築家アルネ・ヤコブセンの作品です。円と線、直角と斜角で作られた、洗練されながらも、必要な場所を的確に照らします。シンプルなデザインがヤコブセンらしい仕上がりになってます。
10,000円~40,000円

LCシャッターズ

特徴:よろい戸の隙間から漏れているかのような光が、目に心地良い印象を与え、部屋にソフトな光を拡げます。眩しさの減少と、光を部屋に拡げることとのバランスを、一枚の金属シェードを巧みに加工することでデザインされました。ルイーズ・キャンベルの作品です。
10,000円~40,000円

スノーボール

特徴:シェードから美しい光の効果を生みだします。工芸品と呼ぶにふさわしい名品です。永久不滅のデザインと言えるのではないでしょうか。こちらもポールヘニングセンのデザインです。
30,000円~120,000円

アーティチョーク

特徴:名作照明としてのデザイン・アイコンの地位を確立した、PHアーティチョーク。72枚の羽を持ち、100種類以上のパーツにより構成されています。1台作るのに25人の熟練工が必要とのこと。20世紀の照明デザインの歴史に燦然と輝いています。
50,000円~300,000円

ルイスポールセン製照明を高く売るコツ

3414a36727dbb49e6f6045302e9f6bfa_s

付属品は一緒に査定へ

ブランド照明全般に共通しますが、購入したときについてきた、説明書や保証書など付属品を一緒に査定へ出しましょう。これらがあるだけでも、リプロダクト品ではなく本物のルイスポールセン製の照明として信頼度は高くなります。

綺麗にしてから査定へ

ルイスポールセンの照明は複雑な作りなものもありますので、手入れが難しくなかなか綺麗に汚れを落とすことはできないと思いますが、できる限り、拭いて取れるものは汚れを落としてから査定をしてもらいましょう。それだけでもある程度の減額は避けられます。

査定前に確認しておきたいこと

RRRR193

出張買取の対応について

繊細なルイスポールセンの照明は持ち出すことが難しい場合があります。天井から外したり、外したはいいものの破損を避けて買取店へ持ち込むのは難しいこともあるでしょう。出張査定で自宅に来てくれる、かつ査定員の方が運び出してくれるお店を選ばないと、自ら玄関先まで運び出さなければならない店舗もあるので要注意です。査定で自宅に来てもらう前には、必ず運搬員の人が来てくれるかどうか確認しましょう。

買取店の選び方

より高く売るためには、何より照明の知識が豊富な店舗に依頼することをおすすめします。通常のリサイクルショップであれば、ルイスポールセンの照明であるという価値がわからず価格差が○万円にも開くことがあります。事前に見積金額が聞けるお店で売るのがおすすめです。

ルイスポールセン製照明の査定基準

RRRR196

ルイスポールセン製の照明であるかどうか

ネットショップ等でリプロダクト品を見たことがある方も多いのではないでしょうか?現在、数多くのリプロダクト品が販売されています。今回ご紹介した金額は全て正規品のルイスポールセン製であることが条件ですので、購入時の保証書などは忘れずに査定時に提示しましょう。無くしてしまった方は、念のために、買取店に相談してみましょう。

壊れていませんか?

どれくらい傷んでいるかが査定に影響します。当然状態が良ければ良いほど高額査定につながります。逆にあまりにも傷みが激しく、壊れているものに関しては買取してもらえません。特にルイスポールセンの照明は繊細なデザインのものが多いです。
自分で修理した結果、査定額が下がってしまうケースもありますので、破損がある場合は買取店に確認してください。

ルイスポールセン製照明の買取におすすめの店3選

<関東エリア>TOKYO RECYCLE imption

ルイスポールセン出典:TOKYO RECYCLE imption

《ウリドキ編集部おすすめ店舗》

特徴
総合リサイクルショップのTOKYO RECYCLE imption。買取スタッフの経験豊富であり、家具・照明買取実績について申し分なし。ルイスポールセンの照明は、『特に』どこにも負けない査定をしていただけるとのことで、絶賛高価買取中です。出張費は無料でショップスタッフ2名で来てくれます。照明の搬出も安心ですね。東京都全域、埼玉、神奈川、千葉が対応エリアとなります。エリア在住の方はぜひ。ブランド家具やブランド照明の買取にふさわしいお店であると言えるでしょう。また、ルイスポールセンの照明は宅配買取も出来ます!メールにて照明の写真を送付し、事前査定を行うことで目安の金額を知ることが可能です。宅配買取が心配という方でも安心して取引できます。
店舗のアプリもあるので販売している家具や照明も見ることができます。ここからも実績の確認ができるので安心ですね。

申し込みの際に「ウリドキを見た」と言っていただければ、買取価格が10%アップしてもらえるとの了承を得ることができました!申し込みの際は忘れずに伝えてみてくださいね。

買取方法:宅配買取、出張買取(都内近郊)、店頭買取(世田谷区5店舗、目黒区1店舗※事前予約必須)
【お問い合わせはこちら】  0120-987-565
0120-987-565

<中部エリア>リサイクルパーク

スクリーンショット 2017-05-24 16.19.27出典:リサイクルパーク

特徴
総合買取店である「リサイクルパーク」。総合買取店ではありますが、家具買取の実績は多く、ルイスポールセンの照明についても高価買取に期待大です。大きいものから小さい家具まで、また家具以外のものもまとめて売ることが可能。
対象エリアにお住いの方は、こちらのお店で見積もり査定額を出してもらうといいでしょう。事前問い合わせで商品の概算査定や出張費の有無を確認しましょう。

買取方法:店頭買取(愛知県名古屋市緑区桃山)、出張買取(愛知県・岐阜県・三重県)、宅配買取

福助

-
福助の情報はこちら

買取方法:店頭買取(札幌市内中心)、出張買取(中央区を中心に札幌市内及び近郊)、宅配買取

北海道の札幌を中心に複数店舗展開がある、福助。デザイナーズ家具の買取実績も数多く、ルイスポールセンの照明の査定におすすめです。事前にメール、電話問い合わせが可能。無料で出張査定に来てもらえるので安心して申し込みができるでしょう。家具の他にも、家電、電動工具、パソコン、スマホなども売れるので、買取店をお探しの方はまとめ売りにも。

<九州エリア>フルツール

スクリーンショット 2017-05-24 17.11.53出典:フルツール

特徴
総合買取店の「フルツール」。専門知識を持ち合わせていること、直営店で販売していることから高価買取ができると自負があります。買取実績も多く、ルイスポールセンの照明についても高価買取・安心取引に期待できます。
家具以外もまとめて売るのにもおすすめです。

買取方法:店頭買取(福岡県福岡市南区寺塚)、出張買取(福岡県内)、宅配買取

ルイスポールセンの照明は買取してもらいましょう!

163717902_8484e1fc2a_z
photo by allison

ルイスポールセン製の照明は、定価が定価なので買取価格もかなりの金額になることがお分かりいただけたと思います。新品では金額が届かないので、中古で探しているという家具や照明好きも多いことから中古市場でも人気は抜群。引く手数多なので高価買取に期待大です。今回価格を紹介した照明達は一部ですので、他のモデルをお持ちの方は一度買取店に相談してみましょう。この記事が買取を検討している方々のお役に立てれば光栄です。

カテゴリー : エンタメ タグ :
買取比較サイトURIDOKI(ウリドキ)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。