ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

携帯電話の「060」がまもなく開放。そもそも「090」「080」「070」の違い、知ってる?

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

携帯電話の番号といえば、たいてい「090」か「080」で始まり、たまに「070」の人がいたりする。ところが、もしかすると、2018年からは、「060」で始まる番号を持つ人が出現するかもしれない。なぜか? そう、今のままでは番号が足りなくなるからだ。

携帯電話の番号が足りない!!

「090」と「080」で始まる番号の空きは2017年3月の時点でほぼなくなったという。残るは「070」だが、2017年7月時点で残りは約2,500万番号。これも空きがなくなるのは時間の問題だ。そこで、総務省が「060」を携帯電話用に解放する準備に入ったというわけだ。「060」では、「060-1×××-××××」から「060-9×××-××××」までのおよそ9,000万番号が使われることになるという。

「090」「080」「070」ヒストリー

もともと「090」が携帯電話オンリーの番号になったのは1999年のことで、当時まだポピュラーだったピッチ(PHS)を「070」にして振り分けた時からだ。このときは、ケタ数も11ケタに増えた。それまでは、「090-123-4567」のように10ケタだったのだ。「懐かしいなあ」と感じた人も多いかも。

やがて「090」始まりの番号が枯渇して、「080」が追加されたのが2002年。2013年にはピッチを使う人がグーンと減ったので、「070」が携帯電話番号に加わった。

そして、まもなく「060」がこれに加わるかもしれないというわけだ。「かもしれない」というのは現時点(2017年7月)でまだ正式決定をされていないからだが、導入はほぼ確実だ。

では、「060」はいままで使われたことがなかった番号なのかというと、そうではない。FMC(Fixed-Mobile Convergence)という、固定電話と携帯電話のハイブリッドのような機種向けに使われたことがあった。会社支給の携帯電話で、社内では内線通話もできるようなタイプがあるが、そんな電話がFMCだ。ところが、いまやこのFMCもあまり使われなくなり、「060」はいわば「宝の持ち腐れ」状態だったというわけだ。

電話番号上3桁クイズ

さて、ここでクイズを出題。

1.「050」で始まる番号の電話の種類は?

①IP電話
②公衆電話
③静岡県

正解は①のIP電話、ケーブルテレビのネットワークなどを介したインターネット電話のことだ。

2.「020」で始まる電話の種類は?

①群馬県
②トランシーバー
③ポケベル

正解は③のポケベル。

ポケベルは一般向けの携帯電話など存在しなかった1970年ごろから始まったサービスで、相手のポケベルの番号に電話をかけると、ポケベル本体の小さな画面に電話をかけた人の番号や、十数文字程度の簡単なメッセージが表示されるというもの。外回り営業のサラリーマンなどが持ち、ポケベルで呼び出されると、公衆電話を必死で探して上司に電話をする。そんなふうに使われたものだ。

いまではポケベルの利用者がとても少なくなったので、この「020」は、2017年1月からIoTやM2M用の番号として、電子機器同士の通信用に使われるようになった。だから先のクイズ2.の正確な解答は「ポケベルだった」と過去形になる。アナログなポケベルに使われていた番号が、いまでは家電から自動車まで、あらゆるものをネットにつなげる最先端テクノロジーのために使われているのが面白い。

「030」と「040」は、なにに使われている?

ちなみに「010」は日本から国際電話をかけるときに使う番号。たとえばauであれば、「010+国番号+相手先の電話番号」で海外に電話ができる。

では、残る「030」と「040」はなにに使われているのか?

答えは、「なににも使われていない」だ。ということは、あと2億番号分の余裕があるということになる。とはいえ、ありとあらゆるものがインターネットに接続されるであろう近未来には「020」の番号もすぐに枯渇してしまうかも。となれば、「030」や「040」がIoTやM2M用に使われてしまって、携帯電話の番号へ回せなくなるという事態も起こるかもしれない。ま、だいぶ先の話だろうけど・・・・・・。


2017年7月時点の番号帯

関連記事リンク(外部サイト)

12月16日は「電話創業の日」。126年前の電話、どうかけてた?
ポケベルの日を記念して、「ポケベル打ち」をやってみた!
出社しなくても仕事はお好きな場所で。テレワーク・デイとは?

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。