ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

どんどん難しくなる覆面パトカーを識別する方法

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
どんどん難しくなる覆面パトカーを識別する方法

覆面パトカーというと、マグネット式の赤色灯をルーフに載せたタイプをイメージする人が多いでしょう。しかし、交通取り締まり用の覆面パトカーはそれとはまったく違う姿。しかも、覆面パトカーを識別する方法はどんどん難しくなっています。覆面パトカーの外見的特徴を見ていきましょう。

覆面パトカーはユーロアンテナ

覆面パトカーには、交通取り締まり用と捜査用があります。マグネット式の赤色灯は捜査用の覆面パトカー。刑事の足として使われているため、基本的には交通取り締まりは行いません。

交通取り締まり用の覆面パトカーの赤色灯は、ルーフの真ん中から電動で出てくる回転式。ルーフの真ん中に大きなフタがあるのが特徴です。とはいえ、運転席の高い大型車などでないと識別するのは難しいでしょう。

交通取り締まり用の覆面パトカーの外見的特徴の1つがユーロアンテナです。無線のアンテナが、リアウィンドウ上部の真ん中に「ちょんまげ」のように設置されています。

エンブレムなしは覆面パトカー

フロントグリル内に前面警光灯を設置してあるのも、交通取り締まり用の覆面パトカーの特徴です。覆面パトカーの車種がクラウンであれば、正面から光が当たっている状態なら非作動時でも確認可能。ただし、マークXなどでは前面警光灯をバンパー下部の開口部に装着。非作動時の識別はクラウンに比べて困難になっています。

なお、クラウンの場合、トランクリッドにグレードエンブレムがない場合は、覆面パトカーの可能性が大。以前はエンブレムなしなら覆面パトカーと識別できましたが、現在はエンブレムありの覆面パトカーが存在しています。

交通取り締まり用の覆面パトカーは、リアトレーにはパトサインを装備していることも多いのが特徴。非作動時は倒れており、またスモークフィルムが貼られている場合は視認が困難ですが、覚えておいて損はないポイントでしょう。

関連記事リンク(外部サイト)

覆面パトカーの見分け方は追い抜くクルマの車内
交通違反キップをサイン拒否したらどうなる?
白バイ隊員がそっと教えるスピード違反の交渉術
ネズミ捕り対策はスマホの取り締まりアプリ!
覆面パトカーの見分け方はルーフ上にあるフタ

カテゴリー : エンタメ タグ :
ラジオライフ.comの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。