体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
デンマークの首都コペンハーゲンは、重厚感ある歴史的建造物と、スタイリッシュな現代建築が混じりあう、新旧が融合した街並みが魅力。狭い範囲に数々の宮殿や教会、博物館などの見どころがぎっしり詰まった光景には、誰もが感激せずにはいられません。

そんな北欧屈指の大都市・コペンハーゲンでしたい8つのことをご紹介します。

ニューハウンでメルヘン気分に浸る

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
コペンハーゲンのアイコン的存在が、「ニューハウン」と呼ばれるカラフルな建物が並ぶ運河沿いの地区。かつては船乗りたちの酒場として栄えたエリアで、運河に沿って黄色や赤、青、緑といった色とりどりの木造家屋が並ぶ風景は、おとぎの国さながら。

ただ歩くだけでも心躍りますが、アイスクリームを食べ歩いたり、レストランで食事をしたりすれば、よりいっそうメルヘンな気分に浸ることができます。

チボリ公園を散策する

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
(C) Haruna Akamatsu

1843年に開業した世界に名だたる老舗遊園地、チボリ公園。当時のデンマーク国王・クリスチャン8世の臣下であった、ゲオー・カーステンセンの「階級の別なく楽しめる娯楽施設を造ろう」との思いから生まれたテーマパークで、かのウォルト・ディズニーが参考にしたことでも知られています。

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
(C) Haruna Akamatsu

アトラクションを利用せずとも、ヨーロッパ、アジア、中東など、テーマに合わせてゾーン分けされた園内を歩くだけで、世界旅行気分が味わえます。

さらには、食べ歩き用スナックから本格レストランにいたるまで、多彩なグルメや、おしゃれなデザイン雑貨のショッピング、無料コンサートなどの楽しみも充実。コペンハーゲンっ子の「心のふるさと」として愛されるチボリ公園は、誰もがときめく、レトロな魅力たっぷりの遊園地です。

人魚の像と対面する

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
おとぎの国・デンマークの象徴が、アンデルセンの「人魚姫」を思い起こさせる人魚の像。王立劇場で上演されていたバレエ「人魚姫」を観たカールスベア2代目社長、カール・ヤコブセンの発案により、1913年に制作されました。

「世界3大がっかり名所」として知られる人魚像ですが、コペンハーゲンに来て人魚像を見ないと、何かやり残したことがあるような、すっきりしない感じがするというもの。

評判通り、全長80センチという小さな像ではありますが、これまでに首を切り落とされたり、腕をもぎ取られたり、爆破されたりといった悲劇に見舞われてきた人魚像の悲しげな表情は一見の価値あり。

近くにあるカステレット要塞やデザイン博物館デンマークと合わせて観光したり、人魚像を見た後に、運河ツアーや水上バスでクルーズを楽しんだりすれば、さらに満足感が高まるはずです。

ストロイエでショッピング三昧

歴史とモダンが融合した水の都、コペンハーゲンでしたい8つのこと
(C) Haruna Akamatsu

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。