ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

パリ仕込み“幻のお菓子”が神戸・御影に初専門店をオープン!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
百貨店のスイーツ催事で完売続出の人気菓子店が、神戸に初の専門店をオープン!日曜だけ京都のマルシェで開店していたお菓子屋さんの商品が、もっと多くの日に親しまれるように。

7月12日(水)に神戸・御影に開店した『マモン・エ・フィーユ』は“幻のお菓子”を販売するお店。フランスの料理学校の名門『ル・コルドン・ブルー・パリ』に入学し、日本人パティシェの巨匠サダハル・アオキさんとの出逢いがあった松下奈保さんが帰国後、京都に開店し、阪急うめだ本店などのスイーツ催事で完売を続出させ、ファンからは「幻のお菓子」とも呼ばれているほど。


工房も兼ね備えて御影の住宅地の一角に作られた専門店では、パティシェ・松下さんがパリで学んだ、フランス菓子の技術とエスプリ満載の手作り焼き菓子を販売。

中でも人気の「フィナンシェ」は、焦がした発酵バターのうわずみのみ使うなどの工夫が凝らされている。

最大の魅力は、素朴な焼き菓子が洗練された風合いや食感に仕上げられているところ。材料、技術を妥協せず、素材の味を何よりも重視して作られた菓子は、食べる人を魅了してやまない。


差し上げれば、きっと感動していただける、そんなオリジナリティーあふれる“幻の逸品”に、ぜひ出合ってみて。

■『マモン・エ・フィーユ』
住所:兵庫県神戸市東灘区御影2-34-20 グレイスリー御影 1F

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。