体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

認知症の方が入所できる施設の種類と選び方のポイント

認知症の方が入所できる介護施設の種類と選び方

認知症を持つ家族の介護をする上で、介護施設を利用することも選択肢の一つです。家族を安心して預けられる施設には、どんな所があるでしょうか?介護施設は種類が多く、どんな施設があるのか、どこを選べばいいのか分からないと感じている方も多いのではないでしょうか。今回は、認知症を持つ方が入居できる施設の種類と選び方のポイントについてご紹介します!

特別養護老人ホーム

「特養」とも呼ばれる介護施設で、在宅ケアが難しい人の介護を目的としています。入所には要介護3以上の認定が必要ですが、認知症の場合は症状によって例外的に入所できる場合もあります。

24時間の介護体制や、長期入所が可能なこと、費用の安さなどから入所待ちがでるほど人気の高い介護施設のひとつです。現在入所待機者の人数は約36万6000人にものぼります(2016年4月時点)。入所の順番は老人福祉法に基づいた審査によって、入所の必要性が高いと判断された人が優先されます。

入所後は入浴や食事補助といった生活支援サービスのほか、機能訓練を中心とした介護サービスが提供されます。共同生活することが前提となっているため、基本的には個室にはトイレや浴室の用意はありません。プライベートを確保したい人や、個室がどうしても欲しい人にはデメリットですが、ほかの利用者と交流が持ちやすいという点では大きなメリットとなります。

特別養護老人ホームのメリット

介護保険が適用される
他の介護施設と比べて費用が安い
一度入所すれば基本的に退所にならないため、長期入所が可能
24時間体制で介護にあたってくれる

特別養護老人ホームのデメリット

待機者が多く、入所までの時間がかかる
共同生活が前提となる
常勤の医師が義務付けられていない点で医療行為に制限がある施設もある

介護老人保健施設

介護老人保健施設は、「老健(ろうけん)」とも呼ばれます。ケガや健康上の問題などが原因で入院や入所していた人が在宅復帰するための中間的医療施設です。入院までは至らないものの、在宅介護が困難な場合に利用することができます。

要介護1の方から入所は可能ですが、入所期間は1年未満と短めです。主に、在宅で介護出来るようリハビリなどの訓練や医療ケアを行うことが目的で、事業主体は医療法人が中心となっています。

常勤の医師のほか、機能訓練指導員、理学療法士、作業療法士など、リハビリの専門家が配置されています。本人や家族が在宅での生活復帰を目指していて、リハビリ意欲がある場合は最適な環境です。

介護老人保健施設のメリット

介護保険が適用される
在宅で生活できるよう専門スタッフによるリハビリテーションが受けられる
常勤の医師がいるため、緊急時などの対応に安心感がある
退所時にはリハビリの仕方や介護の仕方などをレクチャーしてもらえる

介護老人保健施設のデメリット

入所期間が短く、長期入所したい人には不向き
特別養護老人ホームと比べて料金が高い
リハビリなどの訓練が多くゆったりと自由には過ごしにくい

グループホーム

グループホームは、「認知症対策型共同生活介護」とも呼ばれているとおり、認知症の方が安心して暮らせることを目的につくられた施設です。認知症ケアが必要な方の増加にともなって、認可・建設数も増えている施設のひとつで、ほかの施設よりも少人数制でアットホームな雰囲気のところが多いのが特徴です。

「要支援1」または「要支援2」以上の人が対象となっており、基本的には介護スタッフ5人から7人が1人の入居者を援助する体制が取られています。ただ、自立した生活を支援することが目的となっているので、掃除や洗濯などは入居者たちが共同で行います。また施設が建つ地域に住民票のある人しか利用できないため、遠方の施設を利用するということは原則できません。

グループホームのメリット

少人数のためスタッフの目が届きやすい
入居者同士が家庭的な雰囲気のなか暮らすことができる
認知症に特化した専門性の高いケアが受けられる
日々の家事を通した自然なリハビリができる

グループホームのデメリット

認知症以外の疾病など医療ケアの必要性が高まると退去が求められる場合がある
施設がある地区に住民票がある人しか利用できない
施設数が少なく、入所までに時間がかりやすい
入居者同士のトラブル、相性が合わないケースがある

介護付有料老人ホーム

1 2 3次のページ
認知症ONLINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。