ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

「暑いときこそ、熱いものとか辛いものを食べればいい」って言われても、正直そう簡単に覚悟できるものではないですよね。汗をかくことでスッキリするのは分かっているんですが、キーンと冷たいものの誘惑には勝てません。

そう、夏のボスキャラ「かき氷」について話したいんです。

たとえば、全国に展開する星野リゾートの温泉旅館ブランド「界」には、地域の名産品を使った「ご当地かき氷」があります。

かき氷のためだけにわざわざ温泉旅行へ行く、なんてのも最高じゃないですか?

01.
「ぐり茶かき氷」
界 伊東(静岡県・伊東温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

これは、伊豆地方の特産「ぐり茶」をシロップに使ったかき氷。

「ぐり茶」は、茶葉が丸まった姿に仕上がることに由来していて、渋みや苦味が抑えられているのが特徴です。国内でぐり茶を生産している地域は少なく、中でも静岡県東部のぐり茶はお土産として全国的にも有名。 

02.
「氷室かき氷」
界 加賀(石川県・山代温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

加賀藩の伝統行事「氷室開き」。

これは、冬の間に氷室に雪を貯蔵して作った天然氷を、徳川家へ献上するために旧暦6月1日に氷を切り出すもので、現在ではこの日に「氷室饅頭」という三色の酒饅頭を用意して、夏の訪れを祝います。

その氷室饅頭になぞらえた、3色の酒粕シロップかき氷がこちら。

03.
「生姜シロップかき氷」
界 出雲(島根県・玉造温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

出雲の特産品である生姜。

この生姜の絞汁と砂糖を煮詰めたシロップを使ったかき氷は、甘さのなかにもピリッとした辛さが残り、暑い夏にぴったりのスッキリ風味。

04.
「ワインかき氷」
界 松本(長野県・浅間温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

長野は、日本有数のワインの名産地。

この「ワインかき氷」のシロップには、信州のコンコードという品種の葡萄で作ったワインを使用していて、上品な甘味が特徴的。シロップを作る過程でアルコールが飛ぶので、お酒が苦手な人でも安心して味わえますよ。

05.
「煎茶シロップかき氷」
界 遠州(静岡県・舘山寺温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

静岡といえば、やっぱりお茶。宇治茶、狭山茶と並び「日本三大茶」と言われ、ふくよかな香りと味わいが魅力。なかでも希少価値の高い「香駿」の茶葉をブレンドしたお茶から作られたシロップです。

香り、甘み、渋みのバランスがとれた煎茶を、かき氷でさっぱりと味わいましょう。

06.
「万葉柚子かき氷」
界 川治 (栃木県・川治温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

下野のみかもの山の小楢のすまぐはし児ろは誰が笥か持たむ

「みかも山」を謡った万葉集の一節です。

その山の「柚子園」にある樹齢30年以上の古木から収穫された「万葉柚子」を使って仕上げた、さわやかなシロップ。

07.
「とちおとめシロップかき氷」
界 日光(栃木県・中禅寺温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

栃木名産のいちご「とちおとめ」をたっぷりと使ったシロップをかけた一品。甘みが強く、大粒のとちおとめがジューシーなシロップに生かされているそう。

そんなシロップはもちろん、豊富な水資源を誇る日光の氷はひと味違います。

08.
「梅蜜かき氷」
界 熱海(静岡県・伊豆山温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

熱海は日本一早咲きの梅が有名で、春には梅祭りが開催。

そんな風に梅を愛でる文化が盛んな熱海では、香り豊かな梅肉入りの「梅蜜」を使ったかき氷が食べられます。

09.
「甘酒かき氷」
界 箱根(神奈川県・箱根湯本温泉)

頭キーンとなりたいあなたに、贅沢かき氷(9選)

かつて東海道を行く旅人はみな、箱根の峠の茶屋で甘酒を頼んだといいます。栄養価が高く、夏バテ予防に効果なことも理由のひとつだったかもしれません。

もちろん、このまま濃厚な甘酒シロップを楽しむのもいいですが、別添の「小田原産 片浦レモンサイダー」を注ぐと、またひと味違う楽しみに。

 

いかがでしたか? ご当地ならではの「かき氷」を楽しめる星野リゾート 界。

温泉に入ったあとに冷たいかき氷を食べるなんて、ある意味とても贅沢。開催期間は、2017年7月15日(土)〜8月31日(木)まで。Licensed material used with permission by 星野リゾート 界

関連記事リンク(外部サイト)

大人だけに許された「カクテルかき氷」
かき氷機が要らないインドネシアの「つぶつぶかき氷」
【大人限定】京都で味わえる、ほろ酔いかき氷「みぞれ山崎」って?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABI LABOの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。