体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

長いキャリアがあるからこそ活躍できる 仕事の選択肢を広く提示し続けたい

3年後の2020年には65歳以上人口が約30%と推計されている、超高齢化社会に突入する日本。また、労働力人口も減少している中で、ミドル・シニアの活躍は重要なテーマです。そんな中、2017年6月17日、「50代、60代のためのキャリアを考えるセミナー」が東京にて開催されました。今回のセミナーを手がけたのは、ミドル・シニアの転職支援に長年取り組んできた柴田教夫と杉江則子。ミドル・シニアの転職における課題と、セミナー開催を通じて伝えたい思いを聞きました。

これまでの経歴と、ミドルシニア採用に課題意識を抱いたきっかけを教えてください。

f:id:carraria:20170724193828p:plain

杉江:私は新卒でリクルートフロムエー(現・リクルートジョブズ)に入社して以来、一貫して人材サービス事業に携わってきました。入社当時は、「働く」とは「正社員でなくてはならない」という従来のキャリア観を打ち破り、自由な働き方をしていこうという考え方が世の中に広まり始めた時代。そんな考え方に私自身も心ひかれていました。お客様(採用側の企業)にも、今後の事業展開を加速させるためには多様な価値観を有する幅広い層の人材を確保し、その能力を最大限発揮してもらうことが必要不可欠であると、フリーター採用を勧めていたのですが、数年後、「正社員じゃないから転職ができない」「正社員じゃないから結婚を反対された」といったカスタマーの声を多く聞くようになりました。自由な働き方を選んだゆえ、社会とのはざまで苦しんでいる人がいるという事実に、そのような方々がイキイキと働き続けられる社会を作ることが私の使命なんじゃないかと考えるようになったんです。NewRING(リクルートの新規事業提案制度)を活用し、「正社員を目指す人たちのための社会人の学校を作りたい」という企画を出したこともありました。その時は事業化には至りませんでしたが、「社会のなかで、マイノリティ(社会的少数派)となってしまった人たちのサポートをしたい」という思いは、ミドル・シニア転職支援への問題意識へとつながっていきます。ミドル・シニアの転職支援事業に初めて携わったのは、リクルートエイブリック(現リクルートキャリア)に移った2000年のことです。NewRINGでマイノリティ支援をテーマに毎年のように企画を提案していたこともあり、事業の立ち上げに参加しないかと誘われたんです。そこで、ミドル・シニアのための求人開拓や転職支援を、企業側、転職希望者側の両面から関わり、ミドル・シニアがぶつかっている壁に衝撃を受けました。当時は、中途採用を行う企業の担当者は、「50歳以上の候補者? その年齢層は当社にはマッチしないな」と、年齢を理由に話すら聞いてくれませんでした。少子高齢化により今後50代、60代が確実に増えていくのに、それまで培ってきた力を使って社会に貢献できないなんておかしい。その思いは、かれこれ17年持ち続けています。

 

柴田:私は人事総務経験が長く、95年からリクルート人材センター(現:リクルートキャリア)で総務人事経営企画など管理部門全般を見ていました。それまでバブル崩壊など激動とともに生きてきましたが、最大のターニングポイントは、99年、39歳のときに脳梗塞で倒れたことでした。左半身不随となり、車椅子で2年間のリハビリ生活を送った後に復帰。ただ、組織長は物理的にむずかしく、メンバーのひとりとして仕事を続けたいという意思を伝え、キャリアアドバイザーをすることになったのです。当時だと辞めざるを得なくても仕方ない状況で、救ってくれた会社に恩返しをしようと始めたのが、ミドル・シニア層の転職支援でした。私は「40代で大病を経験した人が転職するのはむずかしい」という現実に直面して今があるのだから、同じように転職に苦労している層をサポートしようと考えました。しかし、杉江も言っていたように、転職支援をしようにも求人企業がない。年齢を聞いただけで「採用は難しい」という企業も多くありました。そこで、50代、60代の候補者と1カ月100人ペースで面談をし、彼らの職務履歴をインプットした上で、求人開拓をする営業担当についていき商談を重ねました。商談の最後の5分だけ時間をもらって、「ところで、貴社の海外工場での管理部門長の次を担う方っていますか?」などと採用課題をヒアリングし、「実はこんな経歴の人材がいるんですよ」と切り込むことで、年齢ではなく職歴や実績に注目してもらえるように話を進めていきました。勤めていた企業の規模や業種にかかわらず立派な実績を持つ候補者ばかりなのに、転職できない現実。これを何とかしないといけないという焦燥感は常にありました。ミドル・シニアの問題は、超高齢化社会を迎えるこれからは、マジョリティ(社会的多数派)の問題へと変わります。今までの社会を支えてきた層がイキイキと働き続けられない世の中はおかしいという思いが、私の原動力になっています。

1 2 3次のページ
carrariaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。