ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【FYF Festライブ・レポート】観客にはアノ人も!? 文字通り“レジェンド”の貫禄を見せつけたミッシー・エリオット

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
【FYF Festライブ・レポート】観客にはアノ人も!? 文字通り“レジェンド”の貫禄を見せつけたミッシー・エリオット

 現地時間2017年7月21日~23日にかけて米カリフォルニア州エクスポジション・パークにて開催された【FYF Fest 2017】。ここでは、ビョーク、ミッシー・エリオット、フランク・オーシャン、そしてナイン・インチ・ネイルズがヘッドライナーを務めた同フェスのBillboard JAPAN特派員による最速レポートをお届け。今回は、ビョークとともに初日のヘッドライナーを務めたミッシー・エリオットのライブ・レポートを紹介する。

ミッシー・エリオット ライブ写真(全8枚)

 【FYF Fest 2017】のラインナップ発表とともに、これが2017年で唯一のパフォーマンスも同時に発表されたミッシー・エリオット。これまでのミュージック・ビデオやライブの模様を編集した映像集が流れ、ステージ中央に設置された扉からミッシーが登場し「She’s a Bitch」でスタート。男女ダンサー8名、DJ、MC1名を従えて、ステージを左右に動いてオーディエンスを煽り、彼女のパワフルでポジティブなエネルギーが溢れていた。

 病気が理由であまりライブはしないため、今回のライブはアメリカでは実に10年ぶり。そのライブを一目見ようとオーディエンス側にいるタイラー・ザ・クリエイターをミッシーが発見。さらには、ステージ下手を見て「もしかしてそこにいるのはB?」とビヨンセやジャネット・ジャクソンが見守る中、「I’m Really Hot」「We Run This」「The Rain」「Hot Boyz」と往年のヒットを連発。

 迷彩服に衣装替えたミッシーからオーディエンスに「携帯は一旦かたづけてこの一瞬をみんなと共有したい」そして、一緒にジャンプして欲しいというリクエストの後の「Get Ur Freak On」。オーディエンスの跳ね上がり具合が足りなかったのか2回ほどダメ出し。続いて「Work It」「Pass That Dutch」。その後、TZUJIのスパンコールが散りばめられたド派手な衣装に着替えるなど、ファッションへのこだわりも凄い。

 オーディエンスとライブで繋がることが一番大切でステージからでは十分に繋がれないと頻繁に説明していたミッシー。大袈裟ではなくライブの3分の1ぐらいはオーディエンスにいるところまで下りて、パフォーマンス。「Lose Control」も前半部分はオーディエンス側にいて、ラストは「Rock The Boat」。ライブ冒頭で登場した扉の中へとミッシーは消えていき、再度開かれた扉にはミッシー人形が登場。その帽子には“LEGEND”と書かれており、文字通りレジェンドの貫禄を見せつけたライブだった。

Photo: FYF 2017 Goldenvoice Media

◎公演情報
【FYF Fest 2017】
2017年7月21日~23日
米カリフォルニア州エクスポジション・パーク
INFO: https://fyffest.com

関連記事リンク(外部サイト)

【FYF Festライブ・レポート】ビョークにしか創り出せない、完璧な世界観を披露
ミッシー・エリオットが新曲「Pep Rally」を公開
ミッシー・エリオット、ファレル・ウィリアムスを迎えた3年ぶりのニューSG緊急リリース

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。