ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

三浦祐太朗、母 山口百恵のカバーアルバム「I’m HOME」を引っさげワンマンLIVE「HOMESICK」開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
三浦祐太朗、母 山口百恵のカバーアルバム「I’m HOME」を引っさげワンマンLIVE「HOMESICK」開催

三浦祐太朗が、7月21日に渋谷eggmanにてワンマンライブ「HOMESICK」を開催した。

実の母の山口百恵の数ある名曲を集めたカバーアルバム「I’m HOME」をリリースした三浦祐太朗。このアルバムは、三浦祐太朗のアーティスト活動10周年の節目に、30歳を過ぎ、名曲を歌い継ぐことこそ使命と、「みんなに恩返ししたい。両親にも何かプレゼントできないかと思った。そんな時、この(カバーアルバムの)企画が一番、皆にとってハッピーになると思った」という思いがこめられたアルバムだ。

カバーアルバムを制作する企画自体は、某テレビ番組で山口百恵の楽曲「いい日旅立ち」「秋桜」を三浦祐太朗が熱唱した際、所属事務所にCD化の問い合わせが1000件以上殺到し、同様に興味を持ったレコード会社数社による争奪戦の末、7月5日ユニバーサルミュージックから発売することが決まったもの。

このアルバムを引っ提げ、東京は渋谷eggmanにて「HOMESICK」ライブを開催。300人の満員の観客のなかで、同アルバムに収録されている「さよならの向う側」「夢先案内人」他6曲を含む全19曲を披露した。

ライブでは三浦が「ようこそ、いらっしゃいました!母のカヴァーアルバムを発売しましたが反響が凄いです!今日のライブは試行錯誤しながらやってみましたが如何でしたか?今日は集まってくれてありがとう!この後もどんどん唄っていくから付いてきてくださいね!よろしく!!」とコメントして会場に詰め掛けたファンを沸かせた。また三浦祐太朗の歌声に涙するファンが多数出現。ファンにとって忘れられない1日になり、三浦自身にとっても忘れられない記憶に残るライブとなった。

関連リンク

三浦祐太朗 オフィシャルサイト:http://www.yutaro-miura.com/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。