ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

ロボットと人間の共同作業を可能に!現場を離れずに休めるウェアラブルチェアをスイスの企業が開発

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

工場のオートメーション化が本格する昨今。作業現場へのロボット導入も、当たり前のように行われている。

ここで問題となるのが、人間の労働者たちとの足並みをどうそろえるか。彼らはロボットのように、休みなしで働くというわけにはいかない。時には休憩を取り、同じ姿勢が続かないよう、体の使い方にも気を配る必要がある。

・人間工学に基づく外骨格型ウェアラブルチェア

こうした課題を解決するため、スイスのスタートアップnoonee社は、人間工学に基づくウェアラブルチェアを開発。現場を離れず、その場で座って休むことができる画期的なデバイスだ。

チェアは、着用する人の体格や履いている安全靴に合わせて、フレキシブルに設定可能。一度装着したら、あとの動きは自由自在。座りたいときは、背面のスイッチをオンにすれば、外骨格が自然に折り曲がり、座位を保つことができる。作業を再開する場合は、スイッチを切り替えるだけでいい。骨格全体が軽量のため、歩行を妨げられることもない。

・ロボットと人間との共同作業で生産ラインを最適化

Noonee社は、人間と機械との労働バランスをいかに保つかを課題に、本品の開発に臨んだ。チューリッヒ工科大学の協力の下、製作を開始。試行錯誤の末、たどり着いたのがポータブルかつ柔軟性のある、このメカトロニクスユニットだったという。

同社の最終目標は、本国のみならず海外のあらゆる工場に、本品を供給すること。自動化に十分適応するよう、人間の労働力の価値を上げ、生産ラインの最適化を図りたいと語っている。人間にだって、まだまだできることはある。近い将来、それを証明してくれるに違いない。

Noonee

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。